2018年05月24日

images先日の帰宅時、私は電車に座っていたが、私の目の前に立っている男性の腰についていたポーチに注目した

私が平日会社に行く時にスーツのベルトにつけているカーキ色のポーチとおそろい
メーカーも色も同じ

男性はカーキ色の厚手のチノパンに青いシャツを着ていた 
スーツではなかったが、ラフな格好で仕事をしているのかも知れない

ポーチは、軍用グッズを作っているメーカーのもので、ベルトに装着するようにできている
私は、ポーチの中にKate(iPod)を入れて、イヤホンで音楽を聴いている

目の前の男性はポーチに何を入れているのだろうか
割とパンパンに膨らんでいる ポーチが

このポーチ 彼はどこで購入したんだろうか
どこでも売っているモノだとは思わないんだけど

私とおそろいのポーチをぶら下げた男性は、いつの間にか下車していた



(04:30)

2018年05月23日

images (1)昔いた職場での話

その職場があった地域では野球が盛んだった
わが職場でも、地域の草野球リーグに参加し、春と秋のリーグ戦に参加したりしていた

私は、打撃もそうだが守備に難点があったので、たまに代打として試合に出場していた
言い方を変えると、補欠である

私の通算打率は、三割三分三厘
三打席で、ヒット一打席、凡退一打席 四球一打席
四球をどう打率にカウントするのかよくわからない

ちなみに出場は三試合で、惜しまれつつ引退した
言い方を変えると、戦力外通告である

通算打率三割三分三厘にウソはないのだが、打率をカウントするためには規定打席ってのがあるはず
三打席では、当然記録には残るまい

その地域での草野球界も、惜しい人材を失ったものである

(04:30)

2018年05月22日

ダウンロード先日、私の住んでいる町の近辺があるテレビ番組で紹介された

私が現在住んでいる場所に引っ越してきて、10年と少し経つが、知っているが場所をよく知らない飲食店、場所も存在も知らない飲食店が結構紹介されていた

テレビでは、飲食店の詳細な場所は紹介されなかったのだが、探検(大げさ)してみた
いつもは途中までしか歩かない通りを真っすぐ歩いてみたり
何となく場所はこの辺かなぁなんて思った通りで、よく場所を知らない店が次々に見つかった
何だ こんな所(失礼)にあったのか

見つけたのは、飲食店だったりバーだったり
バーの一つは、私の好きそうなロックバーだったりする
知らなかった店は、私の通勤経路からは外れているんだが、いつか行ってみようと思う


(04:30)

2018年05月21日

ダウンロード大型連休が明けてから、平日の昼休みに会社近くの公園を徘徊散歩していて、結婚披露パーティーを開催していた新郎新婦を二組見かけた

当然だが、別の新郎新婦 しかも平日(別の日)
公園内には結婚式場はないのだが、天気の良い日に緑豊かな公園の喫茶店(最近ではカフェと呼ぶのか)で結婚披露パーティーを行う人は多い

会社に戻ってから私はカレンダーで確認したのだが、その日は二日とも「仏滅」だった
仏滅だから結婚式をやってはいけないってことはない
あまり気にしない人が多いってことか 単に大安の日は式場の予約が取れなかったのか

も実は結婚式は「仏滅」の日だった
あまり気にしないという理由ではなく、式場に空きがなかったから(大安の日に)
たしか、「仏滅」の日の結婚式は若干安かった記憶もある

私は、あまり派手な披露宴は好きではないので、結婚披露パーティーは、式場内で親族友人のみで行った
少人数だったので、一人ずつスピーチをしてもらったのだが
私の学生時代の友人のスピーチがいけなかった
私の学生時代の生活力のなさを暴露するモノばかり
二層式洗濯機の「脱水」機能の存在を知らず、ビチャビチャの洗濯物を新聞紙を引いた部屋の中に干していたこと
米の研ぎ方をよく知らず、電気釜に米を入れて水を注いで、米をかき混ぜるのではなく、釜ごとユラユラ揺らしていたこと 
これ以上は私の名誉のためにも書くまい

やはり仏滅の結婚披露パーティーは危険かも

(04:30)

2018年05月20日

imagesいや暑い

まだそれほど湿度が高くないとは言え、暑い
なのに私は長袖シャツで仕事をする
理由は前にも書いたが、混雑した通勤電車の中で、半袖シャツを着た汗だくのオッサン(私もオッサン)と腕が触れ合うのを想像しただけで、気が遠くなってくるほどイヤだから
滝のような汗を流しながらも私は、職場の夏を長袖シャツで過ごす

夏と言えばビール
が、私は週二回は休肝日をつくることにしている
健康上の理由から

こう暑いと、麦サイダー(ビールのこと)を胃に流し込みたくなるが、休肝日を確保せねばならない時は、私は炭酸水を飲む
飲みながら、「クゥ~ッ 夏は(夏に限らない)ビールだぁ」と独り言を行ったりする
エア麦サイダーである
健康地獄である

頑張れ私



(04:30)