2019年02月21日

ダウンロード昨日は暖かい日だった

今年になって初めて、スーツの下にタイツを穿かずに出社した
と、これはどうでもいいか

昨夜、自宅最寄駅に降り立って鼻から息を吸い込んだ際に、何となくではあるが「春」を感じた
いつもなら鼻孔の奥がツーンとするような冷たさを感じるのだが、昨日は何だか生温かい雰囲気を感じた

もう少ししたら、町じゅうにあの花の芳香がどことなく立ち込めて、ますます春を感じさせるのだろう
あと一週間で二月も終わりか
早いな


(04:30)

2019年02月20日

ダウンロードタイトルとは違って、「恋」とはまるで無関係の話

私は会社で、毎日15時すぎになると職場近くにある自動販売機で缶コーヒーを飲んでいる
おやつみたいなもので、ほぼルーティンになっている

昨日は、私の後ろに並んでいた人が、自販機でペットボトル入りの炭酸飲料を購入し、その場でキャップを開けて飲もうとしていた
が、自販機から飛び出て来た勢いがつきすぎたのか、ペットボトルのキャップを外した瞬間に飲みモノが一気に溢れ出した

飲料を購入した人は、照れ隠しのつもりなのか「おっとっと」なんて言いながら、こぼれた飲料を拭き取ろうとしていた
このことと、ブログのタイトルに何か関係があるのか

私の好きなアメリカのバンドにGO GO'sというのがいた
もう解散したので過去形だ
このバンドは女性ばかりのバンドで、「Our Lips are seald」というヒット曲があった
タイトルはどういう意味なのか知らないが、この曲の邦題が凄い
泡いっぱいの恋

歌詞の意味は知らないが、「Our」と「泡」をかけただけで邦題がつけられたと聞いた記憶がある
昨日見かけた泡だらけのペットボトルから、この曲の邦題を思い出した

あ、ただそれだけです

(04:30)

2019年02月19日

ダウンロード先日、とある温泉地へ行った

そこは硫黄泉で有名だ
昨日、自宅で長袖のTシャツを着たが、来た瞬間にかすかな硫黄臭がした
そう言えばこのTシャツは、温泉地へ着て行ったものだった

昨年秋に、別の温泉地へ行ったときも硫黄泉だったが、帰りの電車の中で毛穴から立ち上る硫黄臭に閉口したものだ
私自信が臭いを感じるのだから、周囲の人は何事かと思っていただろう 生物テロリストかこいつは?

その時の硫黄臭に比べると、今回の硫黄臭は微香タイプ
Tシャツもあと一回洗ったら、硫黄臭は消えるだろう

昨年行った温泉でTシャツに移った硫黄臭は、一度選択した程度で消えなかったばかりか、洗濯機で一緒に洗った他の家族のシャツにも移ったほど強烈だった

Tシャツの硫黄臭が消えた頃に、また行きたいものだ
硫黄泉

(04:30)

2019年02月18日

images私の出身高校の話

その高校は今は隣の高校と合併して、場所も名前も変わってしまった
ちなみに、私の出身小学校は廃校、中学校は名前が変わり存続している

で、高校時代の思ひ出
高校の1時限目が始まったのは何時だったか失念したが、始業前にはホームルームがあった
そのホームルームに間に合わない生徒、つまり遅刻した生徒は、正門のところで鬼の体育教官に捕えられ、正門付近のアスファルト道路の上で正座させられていた

男女を問わず
女子生徒の割合は少なかったと思うが
高校の正門の道を挟んだ前に、ある人の自宅があった
その人は中学時代の一つ上の先輩だったが、私の出身高校に入って一年留年し、一つ下の私たちの代の同級生となった

名前をTさんと言う
Tさんの自宅の玄関を出て、高校の正門まで走らなくても20秒もかからない
が、どういう訳か遅刻して正座させられている生徒の中によくTさんを見かけた

私の出身高校も今はないし、Tさんの自宅もない
お元気だろうか Tさん

(04:30)

2019年02月17日

images昨日見た夢のはなし

例によって私は、どこかの建物の中でトイレを探していた
ようやく見つけたトイレで、用を足していると(珍しく小用見たことのある女性がいた
ん? ここは男性用トイレのはず

女性を見たことがあるのは当然で、昔会社で同じ職場にいた女性
どうやら、現在の職場の上司(小用中)に書類の確認を求めているらしかった
って、少しは我慢するというか空気を読むことはできないのか

私の記憶では、その女性はせっかちとかいう印象はない
私に気づくことなく、男性用トイレで一目散に上司のところへ歩み寄っていた


(11:32)