2017年07月21日

603Manic Street Preachers「LITTLE BABY NOTHING」の巻

この曲が私のKateから流れてきた訳ではない
流れて来たのは、別のアーティストのデュエット曲

ただ、思い出したのがこのManicsの曲
ラブソングも歌わない、ましてデュエット曲なんてという印象の強い(だろう)Manicsにもデュエット曲はあるのだ

デュエット曲と言うより、ゲストでヴォーカルを呼んだというべきか
私の年代で、このゲストヴォーカリストである、トレーシー・ローズの名前を知らない男性は少ないのではないか

私は大変お世話になったとお礼を言いたい

歌詞は無論英語なので、何を歌っているのかわからない
今は御年どのくらいになっているのだろうトレーシー嬢

もう活動していないが、私の出身大学の出身学部の有志で結成したサッカーチームの名称は「トレーシー農’s」だったりする
もちろん命名の理由は、彼女にお世話になった輩が多いから

結構強かったと私は思っている








(04:30)

2017年07月20日

t02200220_0247024710536699239私が小学校に入る前に放映されていた、特撮モノのテレビドラマのHDリマスター版とやらが、再放送されていた
私は、録画して毎週観ていた

先日最終回の放送が終わった
私はもうこのシリーズを何十回観たかわからない
作品によっては、次の画面とかセリフも憶えている

最終回は、本当に今までに何十回観たかという感じだが、予想通り泣いた
一人で

最終回以外にも好きな作品は多く、その作品の一つに、河童に似た宇宙人を目撃した釣り人役で、ある男優が出て来る
この俳優が私は好きだ
ある本で、この俳優を評してこう書いてあった

怪獣に殺される役をやらせたら日本一の役者
私が好きな作品では、この俳優は殺されはしない
死ぬのは別の人

この俳優の表情がいい
美男であるとか、カッコいいとかとは数万光年かけ離れていると思うのだが(失礼)、カッコいいだけが俳優ではないだろう



(04:30)

2017年07月19日

audit-business-23048726先日、薄い酎ハイ(というか水?)を供された店

たまたま別の日に、別の場所にあるその店のチェーン店の前を通りかかった

この日も暑く、酎ハイは夏期は氷水として供しているのかどうか検証するという口実で入店しようと思ったがやめた

飲みたいのはヤマヤマだったのだが、飲んで脱水状態に陥って、店を出たあとに炎天下苦しむよりも、素直にコンビニで、水か炭酸水でも欲しい気分だったのだ

私に一献を思いとどませるほどの猛暑
恐るべしだ



(04:30)

2017年07月18日

g044_1最近、日本各地のふ頭で、輸入コンテナから外来種の有毒な小型昆虫が発見されたというニュースが日々流されている

私は、その小型昆虫の名前を出すのもイヤなほど、病的に嫌い

きっと憶えていないだけで幼少期に深刻なトラウマがあるに相違ない
小学校高学年の頃は、自宅の庭にできた小型昆虫の巣の上にハチミツを垂らしたりしていた
みるみるうちに、小型昆虫が大量に集まって来た

眩暈がして昏倒寸前なのをがマンして私はハチミツに群がる小型昆虫の上から、無慈悲にある液体を投下した
セメダイン

数分でセメダインは固化して、小型昆虫は内部に取り残された 生け捕りである
もう少しすると、小型昆虫いりのセメダイン製フリスビーができあがった

日ごろ温厚で無用な殺生を嫌う私は暗い悦びに打ち震えた
が、出来上がったフリスビーには怖くて触ることができない

あ、何を言いたいのか
テレビのニュースを見ていると、その小型昆虫のニュースが始まって早い時間に、海外の小型昆虫の群れの写真や動画を流すことが多くある
何となく、そろそろ写真や動画が流れそうだと予感できれば、私も画面から目を反らす準備はできる

不意打ちで、写真や動画を流すのはヤメてもらいたい
特に、小型昆虫もサイズが小さいものほど私の恐怖感は増すということも知っておいてもらいたい

今度不意打ちに近く写真や動画を放送したら、間違いなく私は放送局に抗議すると思う





(04:30)

2017年07月17日

img-1527いや 暑い日だった

真昼は避けて、どうしてもこなさないとならない用事を済ませたのだが、何せ暑い

あまりに暑いんで、少しくらいいいだろうと意味不明の理由をつけて、隣町の酒場で一献
いつものパターンで、まずは酎ハイを注文

しばらくして酎ハイが供され、それを飲んだのだが、ん?と思った
これって焼酎を入れ忘れてないか?
単なる水に氷を入れたモノじゃないか?

アルコールの味がしないまま、私は最初の一杯を秒殺で飲み干し、念のために()同じ酎ハイをおかわりした
今度は少し時間がかかり酎ハイが供されてきたが、やはり氷水のようだ

氷水で190円も取られるとは、私もヤキが回ったものだ
でも温厚な私は「いやぁ 制裁喰らったなぁ この店に」と思いつつ、常温のコップ酒を注文して飲み干し、颯爽と店を後にした
この後バスで帰宅したのだが、いつもだったらバス車内で泥酔し熟睡するところが、ちっとも眠くならなかった

やっぱあれは、氷水だったんだろう
高い氷水でしたわ


(04:30)