2017年03月18日

_SL500_AA300_学生時代のフランス語の授業で思い出した

これも、アゴの割れた、ト〇シェ監督そっくりのフランス人の先生の授業でのこと
気分転換ということでもないだろうが、授業で映画を観ることになった

黒いオルフェ
映画は全編フランス語
字幕はたしかあったのだが、英語だったかポルトガル語だったか
要するに字幕の意味がない 理解できないんだから

映画はストーリーがわからなかったものの、それなりに面白かった
実はよく覚えていないが

主人公オルフェには、ユリディスという名の恋人がいた
映画のラストは記憶ではどちらかのデッド・エンドだったと思うが

私は、この映画でユリディスが恋人オルフェの名を叫ぶ声
オッフェ オッフェ~」のモノマネと
オルフェが同じく恋人の名を呼ぶ声
ユリディ~ス」のモノマネをするのが好きだった

フランス語は「r」の発音が独特で、痰を切るために声を出すときのような発音をするんだと習った
実際にはうまく文であらわせないが、「ユヒィディ~ス」という感じか

日本広しと言えど、「黒いオルフェ」の主人公と恋人のモノマネをする人はそういないだろう

学生の時の男の友人が、なぜか私の「黒いオルフェ」のモノマネ、とくに「ユヒィディ~ス」と叫ぶのが好きで、いつもゲラゲラ笑ってくれた
私も調子に乗って、「オッフェ オッフェ~ ユヒィディ~ス」などと大声で叫びながら、状況のわからない学友たちを混乱させて喜んでいた

何か楽しかったんだろうか
楽しかったのです

自分が楽しければ
それでよし


(04:30)

2017年03月17日

941392ef学生のときは、第二外国語でフランス語を選択した

なぜフランス語か
仮にドイツ語を選択していたら、担当教官となるだろう人がとして有名だったから
単位を取るのに苦労した伝説は多々あった
あと、あの軟弱な(失礼)なフランス語の発音が好きだったから

よく理科系学部だと、専門書はドイツ語の原語で読むことが多いので、ドイツ語専攻の方がいいなんて言われたことも当時はあったが、学生時代にドイツ語の文献を読んだことは一度もなかった
ゼミで、論文を輪読するのも英語の文献ばかりだった

で、話はフランス語の授業のこと
担当は、フランス人の先生で、ほとんど日本語は使わず、フランス語と英語で授業は進行した
男の先生で、アゴが割れており、ひと昔前のサッカー日本代表監督によく似ていた

ある日の授業で「今晩映画でもどうですか?」という文章をフランス語で話してみるというのがあった
cinemaとかce soirとかいう単語があったと思う

その文章の正解(仏訳)を先生が示し、私がその文章を誰かクラスの人に話してみるというものだった
話す相手は、とある女子生徒

が、私がフランス語で「今晩映画でもどうですか?」と話し終わるや否や、彼女は返答した
「Non」
話し終わるや否や as soon asの世界である

あまりの高速の拒絶回答に、クラスからは失笑が漏れた
アゴの割れた先生も笑っていた

私の誘いを高速で拒絶した女子は、私の隣の研究室に所属し、4年になってからたまに話すことがあった
彼女はその時の高速拒絶のことを憶えていないようだったが、人間の器の小さい私未だに忘れていない



(04:30)

2017年03月16日

4905959306172私が帰宅時に、最寄駅ホームにてよく目にする画像がある

音声なしに、ホームのテレビから流れて来る画像

スカシた裕福そうな母娘が、どっかの川沿いを歩きながらの画像だ(多分多摩川
母「今日は何(なに)の授業やったの?」
娘「飛び箱っ」

母親の質問の意味はこうだったんだろう
今日は授業を受けた中で、何が印象に残っている?

これが私の故郷修羅の国ではこうなる(だろう

舞台は紫川沿
母親はやさぐれた印象 髪はボサボサの茶髪 ジャージ姿
娘はランドセルを背負ってはいて貧相だが、目つきは鋭い
母「今日は何(なん)の授業やったの?」
意味「今日は何の授業受けたの?」(方言そのまま

娘「乱数表解読訓練」「竹槍突撃訓練」「球根栽培訓練等々」
と言ってニヤッと笑う

母は無言

故郷北Qの印象はこんな感じですが何か?




(04:30)

2017年03月15日

YGX507KO_ITM_B1まだ、夜は寒い

当然だが

昨年12月までは、寝る時にTシャツ一枚だったが、寒さのあまり眠りが浅かった

で、亡父が来ていたパジャマを着て寝るようにしたところ、暖かいのでよく眠れるようになって、朝目覚ましが鳴るまで目が覚めないようになった

パジャマは厚手で、裏が起毛してあるタイプ

昨年までは、パジャマを二日連続で着て寝ると、自分でも何となく汗臭いと感じるようになって、洗濯していた
自分で汗臭いと感じるくらいだから、他人からはもっと臭かったのだろう
他人と言っても私のパジャマ姿を見るのは家族だが

が、今年は汚い話だが、パジャマを連続で三日か四日連続で着ても、あまり汗臭いと感じないようになった
私の鼻が悪いのか

はたまた、手の脂だけでなく私の体全体の乾燥化が顕著に進行しているのか

老いですかな

(04:30)

2017年03月14日

120531_MBP17_001私の実家の隣に一人で住んでいた婆ちゃんは、猫を飼っていた 
婆ちゃんも猫ももうこの世にはいない

猫の名前はベタに「ミーコ
美猫だった

私が小学生の頃から、大学二年生になるまで生きていた
大学二年の時、実家を離れていたが、母からの電話でミーコの死を聞かされた時は、少し泣いた

猫は死ぬときはどこかに身を隠して死ぬなんて話を聞いたことがあるが、ミーコは婆ちゃんの布団の中で静かに亡くなったそうだ

ミーコの好物というか主食は、キャットフードの類ではなかった
ベ〇―スターラーメン」をボリボリと音を立てていつも食べていた

今考えると、猫の食事としては、明らかに塩分過多だったろう
たまにべ〇ースターラーメンを水にふやかして食べさせていたが、それでも塩分過多だったかも

塩分過多だったとしてもミーコは長生きだった
実家のこたつで、ミーコはいつもどういう訳か、私の膝の上の布団に乗って暖を取っていた
おかげで私はトイレに行きたいのをいつも我慢していた
ミーコが気持ちよさそうに眠っていたから

もうベビ〇スターラーメンを食べることはほとんどないが、スーパーなんかでパッケージを見つけると、ミーコのことを思い出す



(04:30)