2011年08月18日

images
高校一年生の男子クラスのときは、学園祭ではクラスで小銭稼ぎをした
学校の近くにある田んぼでメダカとかオタマジャクシを捕まえてきて、それを売ったり

あと、古本屋もやった 普通に古本を売るんだが、そこは男子クラス 知恵を絞る
古本のまわりに、エロ本のグラビアページを切り取ったものをブックカバーのように貼り付ける
で、その上から透明なビニールで密封 
古本屋を覗きに来る、気の弱そうな男子や、スケベそうな奴をつかまえて「お客さん、古本の特別コーナーがありますよ これですがね」といって、 ビニールに入った偽エロ本を見せる
「安くしておきますがね 内緒ですよ お買い上げ前には開封できませんからね あ、返品は受け付けませんよ」
な~んて言って、売りつける

本業の古本よりも売れたんじゃないかな、この偽エロ本

当然、エロ本を期待してお買い上げのお客さんの中には、開封してから中身が単なる古本だとわかって、鼻息荒く文句を言ってくる人もいる
そんな時も平気で「お客さん パッケージがエロいだけで、中身がエロ本だなんて一言も言ってませんぜ 返品はお断りですからね」なんてごまかす

決して、見るからにおっかない上級生なんかには売らない 

結構儲かったんじゃなかったろうか でも売上金をクラス全体で分配したという記憶はない

ちなみに、二年生の時も男子クラスで、学園祭ではお化け屋敷をやった
他校の女子高生が目当てなのが明白で、案の上開演間もなく苦情が殺到
詳細はここでは書けない(笑)
お化け屋敷開演一時間足らずで、強制中止となった 合掌

(11:40)

2011年08月17日

944de798.jpg
男子高に進学したのならともかく、共学高校の男子クラスとなると、それなりに鬱屈した感情を持つ輩が多かった

男子クラスの一年生のとき 
教室の廊下側ではなく、山側には大きな窓があり、薄手のベージュに変色したカーテンがかかっていた
網戸なんてなかった

山側の窓を開け、廊下側の窓も開けると、山から風が入ってきて若干は涼しかった
無論教室にクーラーなどない時代

ある日、山側の窓際に座っていた奴が革命的な発見をした
四枚ある山側の窓の右端と左端を閉め、二枚あるカーテンのやはり右端と左端を窓に挟み込み固定する
四枚の窓の中央二枚は解放する 
で、二枚あるカーテンの中央部分の下端のみを蝶結びで固定する

山から風が吹いてくると、カーテンが風により内側に盛り上がってきて、見ようによっては、ブラジャーのように膨らんできた

我ら男子クラスの隣のクラスは男女混合クラスで、 女子生徒の一人に、やたら胸が大きい生徒がいた

夏の暑い日に、わずかな風が吹いてきて、カーテンがブラジャーのように膨らんできた瞬間、クラスの男子生徒の大半が、隣のクラスの胸の大きな子の名を呼びながらカーテンにすがりつく 

こういうのを地獄絵図というのかも知れない

(09:38)

2011年08月16日

0c6a5cad.jpg
私の生まれた福岡県のことを、「修羅の国」なんて呼ぶ人がいる
うまいこと言うもんだなと思う
 
私は福岡県の高校に通っていた 男女共学だったが、男女比でいうと男子の割合が多かったので、1学年に2クラスは男子クラスがあった
私は1,2年と男子クラスだった

地学の先生は、初老の男の先生だった 今も地学ってあるんだろうか
真面目な先生で、結構採点は厳しかったりしたが、生徒に人気があった
ある時、男子クラスでの地学の授業の際に、先生がコレクションした岩石の標本がまわってきた
授業は岩石についてだったと思うが、実物を見て理解を深めなさいという先生の配慮だったんだろう

名前は覚えていないけど、コレクションケースのような箱の中に、数十個の岩石の標本が入っていた
中には美しいものもいくつかあった

ところが、男子が40名近くもいると、確実に修羅は何人かいるもので、標本の回覧が終わって、地学の先生のところに標本が戻ってきた瞬間に、先生がひどく悲しそうな顔をしていた

標本のすべてではないが、いくつかの岩石の表面にペン(マジックだったか)で、「〇〇参上」とか「これは〇〇のもの」なんて落書きがしてある

岩石の表面を削れば落書きは落ちたのだろうか
先生は、未来永劫落書きだらけの標本を見続けたんだろうか 

この修羅の群れは、乱暴なことはあまりしなかったが、知性のかけらもないような悪戯にかけては才能を発揮した

修羅の国の高校生の悪戯についてはまた


(08:14)

2011年08月13日

news1651292
中学の時から40歳になるまで、毎月欠かさずに某洋楽雑誌を購入していた
昔っから、最新の洋学事情を追いかけていたわけではなかったんだが、購入をやめてからは、最新のものを含めて洋楽シーンに疎くなってしまった

最近は、高校とか大学時代に聴いていた洋楽を突然思い出して、CDを購入したりitunesで購入したりして聴くことが多い

先日も、どういうきっかけだったか、Bronski Beatの曲が聴きたくなり、CDを購入した
Jimmy Somervilleのベスト盤

Bronski BeatのLPは、大学時代に貸しレコード屋で借りて、テープでよく聴いていた
今回は、約25年ぶりに聴いたことになる 懐かしかった

I Feel Love は昔から好きな曲だった
今回聴いてみて仰天した 

大学時代に聴いていたI Feel Love って、Mark Almond とのデュエットだっけ
今回聴いたのは、デュエット曲だった 凄かった

ゲイの愛の交歓の実況中継を見ているようだった 
こういうのを陶酔感って言うんだろう

今度は、JAPANの1stと2ndを購入しようかと思う 3rdから聴く人が多いんだけど、初期のJAPANもいいんだよね 


(19:51)

2011年08月10日

images

最近、夜夢をみることが少なくなった
いつ頃からだろうか

以前は、公開排泄の夢とかとんでもない夢をよく見たんだが
しかもオールカラー
不思議と夢の内容は目覚めてからもしばらくは覚えていた

最近は、ラジオ深夜便を聞きながら眠るが、あっという間に記憶がなくなる
明け方に一度目を覚ますくらいだ

眠りが深いんだろうか

毎日夢は見ているんだけど、内容を覚えていないだけなんだろうか

(08:03)