2012年01月04日

Unknown
新年一曲目のKateで流れた曲が今日の一曲
TheSmiths「BigMouthStrikesAgain」
今日はこの曲の思い出なんかを垂れ流ししようかと思っていた

 午前中、昔の知人の訃報が飛び込んできた
クモ膜下出血らしい 私と同い年
最近は、同い年の人が亡くなったり、逮捕されたりというのをよく聞く

残された家族の気持ちを想像するだけで、胸が悪くなりそう

長く生きていると、何が起こるかわからないな
一寸先は闇

自分を大事に生きていくべし


(19:59)

2012年01月03日

images
今月末で、この与太文章の垂れ流しも開始一年となる
年を越したのか 感慨深いな 大げさか
延べで言っても読者は100人もいないかも知れないな

今後も休みながらヨタヨタと続けて行ければと思っている
自分の精神衛生のために続けているんだから、ヨタヨタでいいか 




(20:29)
images
少しずつだが夢を見るようになってきた
精神的にいいことなのかどうかわからないが(眠りが浅い?)、まったく夢を見ないのも寂しいもんである

新年早々黄金色の夢に象徴される、輝かしい私の一年  の訳ないか
実は、家族の中に一人受験生がいたりして、その面ではいいことあってほしい

私自信は、もう頑張らないことに決めた(これまでも頑張っては来なかったが)ので、
何が起きて受け流すだけ
期待したり、希望を持ったりせずに、這いつくばって生きていこう

これが新年の誓いだったりする


(19:03)
Unknown
昨夜は夢を見なかった
見たのかも知れないが、憶えていない

となると、元旦の夜に見た黄金色一色のあの夢が私の初夢か

黄金色ということで、何かいいことがある予兆なのか

人生において期待なんかしないように生きているんだが、せめて正月くらいは
淡い夢でも見よう

明日の今頃は、私はどんな気分でいるんだろう

這いつくばって、ゴキブリのようにしぶとく生きていくか

(07:18)

2012年01月02日

Unknown
最近は相変わらず熟睡しているんだが、少しずつ夢を見るようになっている
まったく夢を見ないような時期があったんだが

昨夜の夢は香り立つような大惨事

スーツ姿の私は、便意を催して、どこぞのトイレに駆け込み、事なきを得た
用も終わったのでスーツのズボンを穿こうと思ったところ、ズボンの一部がウ○コで汚れている

こりゃぁティッシュで拭きとったとしても、臭いが残るなぁと呑気に考えていたが、トイレの入り口のドアを
見て仰天
左官さんが鏝で壁を塗るような感じで、妙に黄色いウ○コがドア一面に塗りつけてある

これは俺のウ○コかぁと疑問に思いながらも、ティッシュで丁寧にふき取る作業に取り掛かった
当然時間はかかる 夢の中では臭いはなかった

どういう訳か、ドアをふき取っている私の後ろで、舌打ちしながらオッサンサラリーマンがドアが開くのを
待っている

なんとかドアのウ○コをふき取り、オッサンに「どうぞ」なんて言ったが、臭くてたまらなかったろうな

次の場面では、私は替えズボンを穿いていたが、ズボンを穿き替えたところで残っているであろう
臭気が気になって仕方なかった

今年も、いつ襲ってくるかわからない便意におびえながら暮らしていくことになるんだろう
新年早々ウ○コの夢か
元旦の夢って、初夢って言うんだっけ

(08:22)