2012年08月04日

af57349d.jpg
ようやく、週末はブログを更新する気力が蘇ってきたようだ
ずっと、更新をサボっていたのは、ネタ枯れが原因ではないので、悪しからず

午後、娘をエスコートして、自宅近くのバス停から20分ほどのとあるホールへ出かけた
2時間近くは、娘と別れて私はフリーとなったので、前号で予告したとおり、ホールの近くにある
趣味人の殿堂であるビルへ

周囲はヲタクと思わしき人物が多かった
どういう訳か外人も多い 

ここ数カ月というもの、何事ヤル気が湧かず 、物欲も失せていた

私は決してヲタクではないと思っている 趣味人ではあるかも知れないが
ヲタクと趣味人のどこが違うのかという議論は無視して

私は世代的に円谷プロの特撮モノが好き
ウルトラQとかウルトラマン、ウルトラセブンなどが特に好き

ある店で、ショーケースに向かって一人でブツブツ唱えている輩が多いなかで、ウルトラ警備隊のアンヌ隊員の
フィギュアを発見
まるで顔は似ていないが、フィギュアの背中部分にひし実ゆりこさんのサインを発見
買おう 物欲が久々に復活

ついでに同じ店内を物色していたところ、まさかのポインター(ウルトラ警備隊の車両)のプラモも発見
はい買います
いや 巡り合えるとは思わなんだ

二点合わせて5000円弱のプチ散財だったが、私にとっては、欲しいモノを手に入れた満足感以上に
物欲が復活しつつある手ごたえみたいなものを感じられて、嬉しかった

 よかったよかった

(18:14)

2012年07月29日

af57349d.jpg
来週土曜日に、娘の同級生のバレイ(バレーボールではない)の発表会があるという、家からバスで
20分ほどの場所まで、場所の下見に行った

私は場所はよく知っているのだが、娘にバス亭との位置関係を教えるために

んで、場所の下見はあっという間に終わり、発表会場近くの、全国でも結構名の知れているサブカル
オタクの聖地(?)と呼ばれている、とあるビルを訪ねてみた

何しろ屋外があまりにも暑かったので、室内に入りたかったから

娘に言わせると「オタクッぽい人が多いねぇ」とのことだった


ここ数カ月というもの、物欲らしいものが全く消失していたのだが、久々に物欲が蘇ってきた
私はオタクではないと信じているが

物欲のターゲットとは

ウルトラ警備隊のアンヌ隊員のフィギュア 数千円した

アンヌ隊員好きだったなぁ 
15年程前jに、長女をおんぶしながら、菱見ゆり子様のサイン会に行ったな

今日はさすがに、娘の目の前でフィギュアを購入するのは我慢したんだが、今度こっそりと
買いに行こうと思う

少しは物欲が復活してきたようだ」

(22:45)

2012年07月22日

Unknown
昨年夏に、私はある病気にかかっていることが判明した
ある程度予想していた部分もあったつもりなんだが、実際に病気にかかって
いることがわかった後は、色々と考え、とうとうGW明けには、世間で言うところの
「心の風邪」とやらになってしまった

まぁ誰にでもなる可能性があるという意味で、「心の風邪」なんて言い方をするんだ
ろう
実際には風邪どころか、法定伝染病並みの破壊力がある

寝付きはいいものの、早朝それもかなり早い時間に目が覚める で、眠れない
当然日中は廃人状態

それだけならいいんだが、厭世的な気分が日に日に強くなる

二か月ほど経って、投薬のおかげで早朝覚醒も、厭世的な気分もほぼなくなって
きた
ただし、以前のように、下らないメールをやりとりするとか、駄文を全世界に向かって
発信するなんていう気が起こらなくなってきた
本や雑誌も読む気がしない

ようやく、昨日くらいから、自宅でPCの電源を入れる気分になってきたが、いつまで
続くやら

てな訳で、全国推定三名の読者諸君
どっこい私は生きています 息絶え絶えだけど



(20:46)

2012年07月21日

Unknown
数日前から、自宅の近くで蝉の声を聞くようになった
まだ、弱々しい声だが

私の生まれた北九州では、大体毎年7/1になると蝉が鳴き出していた 日記をつけていたわけではないが
だいたい毎年7/1だった

北九州に限らず、西日本ではクマゼミが多い
ミンミンゼミやヒグラシの鳴き声のような情緒も何もあったものではない
クマゼミは「シャーシャーシャー」と鳴く
聞いただけで不快指数が一気に100を超える

まだアブラゼミの「ジージージー」という鳴き声が可愛く思える

去年の新聞だかで、東京近辺でもクマゼミが発見されたと報道があった
温暖化の影響なのかどうかは知らないが、あのクマゼミが東日本にも上陸するのか

蝉と言えばもう一つ思い出す
「やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声」 という俳句
芭蕉の句だが、実はこの俳句を知ったのは学生の時
しかも外国人の小説に引用されていたのを読んでからだった

近いうちに息絶えることを知ってか知らずか、鳴きまくる蝉
今日は寒いけど、もうすぐ奴らの大合唱が始まるんだろう

クマゼミの声だけは聞きたくないけど





(12:11)

2012年05月12日

Unknown最近は薬を多数飲むようになっていて、医者から止められているわけではないが、
酒の量を減らしている

とは言え、金曜の夜は最寄りの駅から自宅まで歩いて帰る途中にある焼き鳥屋で
一人で飲むことが多い 
一人なので、誰とも喋ることはない
飲むと言っても、酎ハイ二杯くらい あとは焼き鳥三本と冷奴を食べる

一杯目を口にするときは、これで一週間が終わったという安堵の気持ちで一杯
二杯目を頼む頃には、あと数分でこの二杯目も飲み終わってしまうのかという気持ち
になってくる

三上寛の「夢は夜ひらく」の歌詞で「コップ一つの幸せを 何で飲み終わる」というのが
あったと思う

始まったものはいつか終わってしまう 特に楽しいことはすぐに終わる 




(18:23)