2013年11月15日

タイトルだけでは、何のことかわからないだろう
本ブログには訪問者数カウンターを設けていない

ブログの訪問者数をブログ開設以来の日数で割ると、先日1を超えた
平均すると、一日一人は訪問者があることになる

単なる私の精神衛生のためだけに始めた このブログ
途中、ほとんど更新が止まったことも頻繁にあった
振り返ると、私の精神状態を反映しているなと思う

私は躁鬱ではないが、今は躁的な時期なのかも知れない
当分は、駄文のダダ漏れが続くと思う
images

 

(08:50)

2013年11月14日

d18a94bf.jpg何年も昔のこと
当住んでいた地域では町おこしの一環としてイベントをやっていた
今もやっている

2500円か3000円でチケットを購入
3時間位の制限時間中に、指定された地区でイベントに参加している飲食店を5件訪れ、行った先で
チケットにスタンプを押してもらうというもの
5つのスタンプが確認できたら、最後に抽選会があって、そこで自称豪華プレゼントがもらえる(かも知れない)

店ではワンドリンクとつまみが一品供される
ドリンクは選択可能

私は職場同僚と参加したのだが、縛りをかけた
5つの店全てで日本酒を飲むこと オールジャパンである
最初の店ではほぼ空腹状態でジャパンを胃に流し込むことになる

3つ目の店くらいまでは、いい気分である
供されたのは、コップ酒だったか、一合だったか憶えていない
ただ、4軒目ともなると、じわじわと酩酊してくる

同僚は全部で10名近くいたので、2班にわけて遊撃隊を組織した
人口の割に飲食店の多い地域だったが、2班にわけたつもりが、ある店では遭遇したこともあった
ま、普段行かないような店にも行くチャンスが増えるということだが、肝心の訪問先の店の記憶がない

制限時間内に2班とも一名の落伍者も出さずミッションコンプリート
ちなみに、豪華商品が当たった者はいない

よせばいいのに、落伍者なしを記念して総括の宴会へ
行った先は、小上がりの座敷だった
ここでも、意地のようにジャパンを痛飲

我々の総大将はいつものように、部下の頭をドツきながら飲んでいた
宴もたけなわとなり、総大将の発声でどういうわけか座ったままで万歳をした

三度目の万歳をしたままの姿勢で、総大将は後ろの通路に仰向けに倒れた
直属ではない部下に抱えられて、近くの寮まで強制帰還となった

イベント本体では犠牲者は出なかったが、二次会は凄惨であった
そう言えば、前回の投稿「雪の進軍」は、このイベントの帰路に遭遇した大惨事だった

南無
 

(06:30)

2013年11月12日

北の国で暮らしていたときのこと
冬の飲み会が終わったあとは、当然帰路につくことになる
が、公共交通機関というものが夜間ほとんど機能していないので、タクシーを使うことになる

私は元来けちん坊
タクシー代を払うくらいなら、歩いて帰ることが多い
繁華街から当時の自宅までは、普通に歩いて30分強
酩酊して蛇行歩行をするとプラス10分

12月ともなると雪が積もる これは4月頃まで残る
積雪量はさほど多くないのだが、当然よく滑る
夏場より、大幅に時間がかかる

素面でさえよく滑るのに、酩酊歩行だと、ほとんど冗談のような感じだ
ある日の飲み会でも、しこたま酩酊した上に、タクシー代をケチって徒歩による帰宅を試みた
おりしも雪が降って来た

ふと目が覚めたのは、頬に伝わる冷気に耐えられなかったから
そう 酩酊して数回転倒を繰り返した私は、転倒したまま昏睡したらしい

田舎道なんで、歩いている人などいない
たまにクルマが通りかかっても、知らんふりされるのが普通だと思う
何秒間昏睡していたのかわからないが、春先まで行方不明になることもなく、黄泉の国へ旅立つ
こともなかった

もう初雪は済んでいるだろう 北の国はUnknown

積雪が始まることだろうか


 

(21:53)

2013年11月10日

新入社員時代の先輩社員を思い出した

ちなみにまだ会社にいる
もう20年以上お会いしていないが

素晴らしく性格の曲がった先輩だった
この先輩の得意だったスポーツがバ○ミントン
未だに、バ○ミントンの得意な選手はどうせ性格が悪いんだろうと思ってしまう

新入社員時代は律義にスーツに社員バッヂをしていた
よくありがちな光景なんだが、その紛失してしまった

で、その先輩に小声で相談したのだが、大声で「本当なら始末書ものだが、本社の売店に行けば売っているよ」
と返答があった
当時は、あまり人を疑うことがなかった私は、本社の売店にて出張の際に「社員バッヂください」と言ったところ
滔々と売り子の人から説教を喰らった
ちなみに始末書は要求されなかった 再発行の際に4ed8a7de.jpg

まだある

健康診断の時、先輩から「ここの事業所は、検尿の際にはカップにナミナミと注ぐのが伝統だ」と教えられた
教えに忠実に、多少よろけて手に飛沫を浴びつつ、表面張力で満杯の検尿カップを検査の人に差し出した

先輩を筆頭に職員一同、検査の人にも大爆笑された

冷静に考えれば、ナミナミと注ぐ必要があるかどうかわかりそうなもんだが

 

(19:21)

2013年11月09日

Unknown
昨夜は、飲み会だった
行った店は最近回転したばかりらしく、今月中は、生ビールが一杯110円
他にもハイボールがやはり110円
料理もおしなべて安い

知っている店では、19時までだったら生が190円 サワーは150円という店がある
ずっと思っているのだが、飲食店は飲み物で稼いでいるというのは何となくわかる
果たして、原価は幾らなんだろう
知人によれば、サワーの類の原価は、100円は行かないはずとのことだった
生が500円とか600円もする店が多い
別に構わないが、最近は低価格(飲み物も料理も)の店が多い気がする

それでも利益は出ているということなんだろう
で、店内は盛況そのもの
はずみで、ケンカも勃発寸前な客が2組ほどいた(目撃した限り)
低価格の店は増えているように思う
どこも賑わっている

安さに誘惑されて、ハイボールは6杯以上飲んだ気がする

店を出て、最寄りの駅に向かった
金曜の夜ということを差し引いても、人の多さに驚いた
何かの研修とか学会でも開催中なのではないかと思うほど

金曜の夜なので、町に繰り出そうという気分になったのだろう
景気も上向きと捉えていいんだろうか
それにしても、激安の店の賑わい振りを見てきたばかりだったので、単純にそう思ってしまっても
いいのかと感じた

と、難しいことを考え出したので、電車の中で吊革にしがみついたまま寝てしまった

 

(11:33)