2011年02月28日

images
私は音楽が好きな割に、カラオケは好きじゃない
爺ちゃんの遺言で「カラオケはするな」と言われたと周囲には言っている 小学校三年の時には爺ちゃんは鬼籍に入っているんだが
誘われれば行くが、自分から行こうと誘ったことはない

入社のときの面接官からは、卒論の内容とか会社に入ってやりたいこととか質問されて、当り障りのないことを答えていたが、最後の質問ということで、「あなたはカラオケを歌いますか?」と聞かれた
「はい」と答えたところ、「得意な歌は何ですか?」と来た
聞かれたことには答えねばと思い「西城秀樹のヤングマンです」と正直に答えたら、「以上で質問は終わります」と...

あ、こりゃぁ内定はないなと思っていたところ、数週間内定通知が届いた
バブル期だったとは言え、何という会社だろう

カラオケで何か歌うときには、周囲の空気を読まずに好きな歌を歌うことにしている
岡林の「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」
井上陽水の「帰れない二人」
イエローモンキー「夜明けのスキャット」
原田真二「てぃ~んずぶる~す」 なんか好きだ

あと、面接官殿に答えた西条秀樹「ヤングマン」も好きだな 最近では体力を消耗するんで封印気味だけど

明日から暦のうえでは春 別に意味はない

(21:50)
Unknown
昨日は、東京マラソン
スタートの様子をテレビで観ていたら、「こんなことしている場合じゃない」という気が俄然してきて、近所の川沿いをジョギングした 20分くらいヨタヨタと走っただけだが
もう15年近く前だけど、夏のオリンピックの女子マラソンの中継を観ていた
トップの外国人女性の腹筋が仮面ライダーのように割れているのを観て、やはり「こんなことしている場合じゃない」と思い、炎天下の中猛然とジョギングに出かけたことがある
暑さで昏倒する寸前だった

私は単純なのだ

夜は1時間半近くタクシーに乗車したんだけど、車内が暑かったせいもあり、久しぶりに車酔いした
子供の頃、ウチには自家用車はなかったが、車に乗るたびに酔っていた バスもそう
私が未だに車や飛行機が嫌いで、列車が好きなのはおそらくそのせいがあるんだと思う
列車には酔わないんだよな

話は戻るけど、朝日を浴びながら運動をすると、精神衛生上いいと聞いたことがある
鬱々とした気分が解消されるとか
月曜の朝って、私は割とというかいつも鬱々としているんだけど、今朝はそういえばそんな感じが少ないかも
昨日のにわかジョギングと関係あるんだろうか


(07:57)

2011年02月27日

Unknown
これから、散髪に行こうと思う
多くの人がそうだと思うけど、私は決まった店以外にはまず散髪には行かない
んで、若い女性に紙を触られるのが好きじゃないんで、兄ちゃんかおじさん、若くない女性のいる店に行く

大学一年の頃、近所の美容院にフラッと立ち寄り、当時は平気だった若いお姉さんに髪を切ってもらったが、清算の時には高校生料金だったことがある 敢えて「大学生です」なんて無粋なことは言わなかった
せいぜい数百円得しただけだったが、味をしめてその後も何回か通ったことがある

結構そのお姉さんと顔見知りになって、調子に乗ってべらべら喋るようになって、うっかり「レポート」とか「単位」とか「サークル」とか、あまり高校生が使わないような言葉を喋ってしまった
その日はしっかり大学生料金を請求された

その店にはそれ以降行ったことがない

随分スケールの小さな話になってしまった




(09:50)

2011年02月25日

Tshirts

例によって唐突に思い出したんだけど、目黒に寄生虫館がある
もう十年以上前になるけど、行ってみた

今もそうなのかどうか、無料というのにまず驚いた

館内には、寄生虫の標本などがずらり 当たり前か
売店には、寄生虫Tシャツなどのグッズが並んでおり、当時の会社の同僚に何かをおみやげに買って帰ったんだが、受取を拒否された

その時は夏休み中の日曜日で、予想より館内は混んでいたんだが、印象に残っているのは、サナダムシか何かの巨大な標本の前で一心不乱にスケッチをしていた女子高生

それはそれは熱心に、何かに魅入られたようにスケッチをしていた
寄生虫マニアだったんだろうか
当然、寄生虫グッズは大量に購入したんだろう

その女子高生を見て、「まだ日本も安心だな」と妙に感心した私はピントがずれているんだろうな

まだあるんだろうか 寄生虫館

(08:13)

2011年02月24日

images
間違えた 好きな歌詞
椎名林檎の「罪と罰」 未来などみないで 確信できる今だけ重ねて
       「茜さす 帰路照らされど」 たまには怖がらず 明日を迎えてみたい
RCサクセション「ヒッピーに捧ぐ」 いつものような 何気ない朝は 知らん顔して 僕を起こした
このあと、キヨシローは豚どもが乗った電車に乗って、動き出しちゃうんだよね

突然思い出したみたいに、好きな歌詞が浮かんでくることがある

(07:39)