2013年12月26日

先日、福島県の物産展に出かけた
夕方だったので、商品はかなり売れており残り少なかった

正月用の酒を探していたところ、ある酒に再会した
喜多方の酒で、20年ぶりに出合った
速攻で購入したが、正月を前に飲み干してしまいそうな気がする

20年前にその酒にあったのは、大学時代に友人と3人で会津旅行をした時だった
私の車を交替で運転して出かけた
ちなみに、4万円もした高級車だった 大嫌いな運転だったが

会津なんとかスカイラインを通った記憶がある 通行止めだったんだが、ゲートを勝手に開けて侵入した
ごめんなさい 勝手なことをして
時期は3月だったと思う
平地では雪はなかったのだが、峠を越える頃には次第に雪が深くなってきた
峠を越えなければ会津に辿りつかない
チェーンとかスタッドレスタイヤなんか持っていなかった 
今はクルマを持っていないが、チェーンの付け方を知らない

峠を越えれば、当然下り道
ツルッツルの道路を、これまたツルツルの夏タイヤで降りるのは恐怖だった
よく降りてこられたもんだ
通行止めだった理由がやっとわかった

会津で真っ先に行ったのは鶴ヶ城
駐車場に車を止め、3人で天守閣から下界を見下ろしながら、「あの山を越えてきたんだね」
なんて、感慨深げに話していて急に思い出した

私の車は友人から買ったものだが、まだナンバーを変更していなかった
その友人は山口県出身
車のナンバーは「山」ナンバー よりによって会津に山口ナンバーのクルマで乗りつけるとは
ひとによっては「山形ナンバー」と勘違いしてくれるかなと思いつつ、今ごろ「長州憎し」の地元民にクルマは
破壊尽くされているんじゃないかと冷や冷やだった

半分以上観念して駐車場に戻ったが、幸いにもクルマは無傷だった
実際には、山道で底を擦ったようで、マフラーから異音がしていたのだが それには気付かなかった
会津の人の寛大さに一方的に感謝した

その後に喜多方に行き、酒蔵で先日再会した酒を味わった
クルマの運転はどうしたのか 秘密である
喜多方ラーメンは3杯も違う店で食べた

翌日、友人と3人でどこかの観光施設を訪れた
貧乏以外に誇れるものがない我々は、見知らぬ団体客の最後尾に紛れこんで、ロハで観光をした
我々に気付いたのは団体のオジサンだった
「お前らうまいこと考え付いたな バラしちゃおうかな?」なんて脅かされた

酒を見ただけで、色んなことを思い出したUnknown

 

(20:50)

2013年12月25日

昨日の帰宅途中の電車の中でのこと
私は立って吊革につかまっていた

横には男性が立っていて、ぼんやりとその横顔を私は眺めていた
私の知り合いにどことなく表情が似ていたが、明らかに別人だった

年齢は私と同じくらい
身長もそう

ふと、違和感を感じた

それは何か
 
髪の毛の質感であった
すべての男性の髪がツヤツヤだとは決して思わないが、その男性の髪には明らかに人の髪とは違う
質感があった
触ったわけではないが

男性は長髪ではなく、普通の髪型であった
一度疑惑が生じると、次々に怪しさが増してくる
髪のウェーブのかかり方が自然ではないような気もしてくる
さらに、うなじのあたりの髪の毛のはね方がどうんなんだろうか

この人の本当の髪型はどんなものだろうか
一日の中で、本当の髪型に戻る時間はあるのだろうか

疑惑は、確信に変わった
耳の後ろあたりの地肌がチラッと見えた
地肌(らしきもの)に、細かいメッシュの黒い線が入っていた

その男性は気付かないうちに私より先に電車を降りていた
実は、男性の隣に立っていた女性に気をとられていた

整った顔立ちの女性だった
これから帰って一人で食事なんだろうか 
家族と一緒なんだろうか
どうでもいい妄想は続く
年齢がわからない時は、女性の手を見ることにしている
手を見た感じでは30代前半かな

妄想を乗せたまま、電車は走り続けたimages


 

(06:12)

2013年12月23日

Unknownケーブルテレビで、ピーターオトゥールの追悼作品を観た
「将軍たちの夜」

一度観たことがあるはずだが、ストーリーは忘れていた
オトゥールの演ずる冷徹さと脆弱さがよく現れていたと私は思う

ワルシャワの町のセットは見事だったと思う
パリでの運転手役はトムコートネイだったろうか
いい演技だった
オマーシャリフはあっけなく画面から消えてしまった

映画全般を通して観ると、突っ込みどころは満載のように思う
犯人はあらかじめわかっているようなもの
ラストで簡単に拳銃を渡してしまう理由も謎

厳格なナチの将軍を演じるオトゥールがスーツを着ると、英国紳士そのものにしか見えなかった
英国紳士なんで仕方ないけど...

犯罪者を演じることができる役者は、だいたいいい役者だと思う
特に、オトゥールの演技は圧巻だ






 

(20:57)

2013年12月22日

一昨日みた夢の内容を一部憶えている
よく子供が履いている、スニーカーにローラーが内臓されているものがある
どうやってローラーを出したり引っ込めるのかわからないのだが、子供はローラーが出た状態で
スイスイと滑るようにして歩いている

あれで転倒した子供を見たことがない
大したものだ

で、夢の中で自分がそのシューズを履いていた
明らかにスニーカーとわかるシューズではなく、ビジネスシューズみたいなものに、ローラーがついていた
その靴を履いて、私は建物の廊下をスイスイと移動していく

私は足が長いというわけではなく、重心が高くておまけにバランスが悪い
なので、後ろに体重がかかったような状態で、フラフラと滑って移動しているのだが、どういうわけか
転倒はしない
意外と上手なものである

建物が会社だったのか 
周囲にいたのが誰だったのかは憶えていない
夢で記憶にあるのはそれだけ

何かの暗示なんだろうか12011524 

(08:34)

2013年12月21日

昨夜業後は、牛丼チェーン店でポークカレーを食した
牛丼はちょっと重いかなと思ってカレーにしたのだが、結局カレーの後にくまもとラーメンを食したので、カロリーオーバー

牛丼チェーン店でのこと 
他のお客さんは、何を食べていたのか見なかったが、ある客がふらふらとカウンターに向かい「納豆ください」と
注文していた

納豆...

私の家族は、私以外の家人は納豆を食する
実家でも私以外は納豆を食べる

私の密かな自慢は、納豆を胃袋に入れたことがないこと
実家の母は、姑息な手段で私に納豆を食べさせようとしていた
ある日の夕食は天ぷら
野菜天とかエビ天とかに混じり、一つだけ何の天ぷらかわからないものがあった
何だろうと思っていたが、次の瞬間に口にしていた

一口噛んだ瞬間に広がる、あの不愉快な臭気
母は納豆を天ぷらに忍ばせていたのだ
策略に遅まきながら気付いた私は、口の中のモノを吐きだし、口をゆすいだ
実に姑息である
納豆の天ぷらって...Unknown
納豆を食さないために死んだ人を未だかつて聞いたことがない

納豆を食さない自分を褒めてあげたいくらいだ

千歩譲って、朝食に納豆を食するのはまぁ許す
ただし、私の見えないところで食するのが望ましい
間違ってもこれみよがしに納豆をかきまぜ、臭気を捲きちらしてはならない
糸を引く納豆も、ビジュアル的には醜悪である

許せないというか理解できないのは、昼食や夕食に納豆を食する輩
学生食堂で、どういうわけか昼間っから納豆をこれでもかと言う程かき混ぜて食する人が結構いた
それも私の視界の範囲で

言わせてもらえば、一種の生物テロである

増して、夜に納豆を食するとは
言わせてもらえば、DS(どうかしてるぜっ)である

こんな私も、山芋をすりおろしたのとかオクラは好物だったりする
ネバネバが嫌いな訳ではない
あの臭気が許せないだけだ

あと何年生きるかわからないが、納豆が地球上で口にできる唯一の食べ物として残った場合でも私は飢えて
死ぬことを選ぶだろう

多分

 


(10:58)