2012年01月27日

Unknown
大学一年の頃、近所のおもちゃ屋でサッカーゲームを購入した
もちろん、テレビゲームであるはずはない
オシャレなバーなんかによく置いてある、バーで選手を動かすようなゲームの簡易版
タテは1メートル近くあるんじゃないかな

GK含めて1チーム6名ずつだったと思う

なぜ大学生になって購入したのか 誰がこれで遊ぶのか

このブログにもよく出てくる、大学の寮の隣人氏がいる

彼が遊びに部屋にくる度に、しょっちゅうサッカーゲームをしていた 幼稚な大学一年生だ

私の攻撃パターンは主に3つ A攻撃(右ウイング利用) B攻撃(左ウイング利用) 
ウイングがタッチラインぎりぎりで高速センタリングを上げ、FWが体ごとそれをゴールに押し込む
あとはGKがこっそりとFWにボールを渡し、FWと相手GKが一対一になるというものもあった

結構有効な攻撃だったが、隣人氏はとうにその攻撃パターンを見破っていた

寮の部屋には絨毯を敷いてあり、その上でゲームをしていたが、絨毯の上に落ちている
ウェーブのかかった体毛(無論毛髪ではない)が、サッカーゲームのコートに入ってくることが
しばしばあった

そんな時は、ゲームをしながらどちらともなく「ご来場のお客様にお願いします グラウンドに
○毛を投げ入れないようにしてください」とアナウンスが始まる

ゲームが白熱してくると、お互いにヒートアップして、ここではとても書けないような言葉を連発して
いた

幼稚な私は、社会人になってからもしばらくこのサッカーゲームを所有していた

このゲームを引っ越しの時に泣く泣くあげた○○君 今は成人になっているんだろう


(20:03)

2012年01月25日

images
前にも書いたが
今日で、このブログ開設1周年だ

これからもヨタヨタと雑文を垂れ流していきますんで、見ている人はよろしく
全国推定五人の読者さま




(20:56)
Unknown
私は子供の頃と言っても小学生の頃、買い食いが禁止されていた 自宅で
小遣いをもらうようになって、下校途中にスナック菓子を買って食べながら帰る友人が羨ましかった

いまだに咄嗟に買い物をした後にお釣りの計算ができないのは、幼少の頃買い食いをしなかったせいだと
信じ込んでいる

この歳になって反動が出ているのか、スーパーやコンビニで食料を買って、家に帰るまで食べながら歩くという
癖がやめられない

今日も、近所のスーパーでミネラルウォーターを購入したついでに、つい菓子パンを購入
スーパーの出口で開封して喜びいさんで頬張った瞬間、誰かの視線を感じた

子供の小学校の友人のお母さんだった 顔見知りの
そのお母さんは、びっくりしたような顔をしていたが、笑いをこらえきれなかったようだ

明日の朝を待たず、「○○ちゃんのお父さんが、○○(スーパーの名前)の出口で菓子パンを頬張っていた」
との噂が駆け巡るんだろう
オ○サンの情報網は高速に匹敵する
悪いことをしている訳じゃないが、悪事千里を走ると言いますからな


(20:50)

2012年01月24日

images
その昔、北国で暮らしていたとき
確かに長い長い冬が終わると、皆は競い合うように花を植えていた

ホームセンターの花きコーナーでは、どこも鉢植えの花が満載だった
花の咲く時期は短いと思うかも知れないが、アジサイなんかはどういう
訳か、秋ごろまで咲いていたな
ナナカマドは、毎年7月下旬になると赤く色づき始めていた

植える花ではないけど、桜の花見は毎年ゴールデンウィークだった
震えながら花見をしていた記憶がある

好きな花は何だろうか
サルビアかも知れない

早川義夫の歌の題名だからかも

花が咲いているのを見るのは好きなんだが、ネズミの額のような庭の
手入れはまったくしていない

そろそろミモザと、球根のスズランが咲く頃だ
ちなみにスズランの球根は植えっぱなし

庭の手入れに専念できるような心の余裕がほしい




(21:48)

2012年01月23日

ミモザの花は、黄色い綿毛みたいな花 冬に咲く
家を建てた時のシンボルツリーに、私じゃない家人が決めた
ST330073
私の希望はキンモクセイだったが、今はミモザでよかったと思っている


(23:08)