2011年12月24日

_SL500_AA300_
三連休というのに、週明けのことばかり考えて落ち着かない

ボーっとしていることができず、常に何かしていないと不安である
意味もなく部屋の片づけをしたり パソコンのデータをこれも意味なく整理したり

酒にはめっきり弱くなったんだが、夕方一人で蕎麦屋に行って、日本酒を飲んだり
夕食の準備をしながら、缶チューハイを飲んだり


この時間で、夕食前だがすでに眠い
眠ってしまうと、明日が早く来てしまうような気がして眠ることもできない

椎名林檎の歌詞に「たまには怖がらずに、明日を迎えてみたい」というのがあるが
そんな気持ちになる


(18:41)

2011年12月23日

images
入院もまたよしか とにかく世間から隔離されるのはうれしい
多分、新聞もニュースも見なくなるんじゃないかな

さっきテレビ観てたら、久々に三田寛子が出ていた

突然思い出したんだが、大学に入ってから最初に買ったアイドル(当時は)の写真集は三田寛子のだった
写真集なんて、その後は買ったことがないんだけど

部屋に遊びに来る友人は誰もが、無言で写真集を眺めていた

私が、最初に自室に貼ったポスターが渡辺真知子(中一コースの付録)
その後は、JAPANのポスター
大学に入ってからは三田寛子の写真集 さすがに部屋にポスターを貼るのはしなくなったが、代わりに
LPのジャケットを飾っていた
Kate様とかAztecCameraとか

私の娘も最近自室にポスターというか、ネットで収集した写真を自分で加工したものを貼っている
ネプチューンのホリケンとかタイゾーとか チュートの徳井や福田とか
サラリーマンNEOの出演者の写真もあったな

変な趣味は着実に遺伝されているようだ

(13:43)

2011年12月18日

最近、秋以降なんだけど、やたらと疲れ易い
日頃、会社を早く退社している分、昨日今日出社しようと考えたが、昨日は午前中で帰ってきたし
今日は出社しなかった
昨日は八時間くらい眠ったのに、朝からダルオモ状態が一日続いている

いったい、私はどうなってしまうんだろう

来月は日程が決まっていないけど、二、三週間の予定で検査入院が決まっている
この年齢になるまで、一度も入院を経験したことがないので、内心ビビっている

加えて日々の体調不良で心配は募り、集中力が続かない

なんて書いたところで、言い訳にしか聞こえないんだと思う 自分以外の人にとっては

仕方ないことだ

もう横になるとしよう

(21:42)

2011年12月17日

_SS135_SL160_
持病のせいで、昨日はふらつきを感じることが多かった
よろめくというところまではいかないが、歩行時にふわふわした感じがした
あと、体力が相当落ちたらしく、やたらと疲れる 夜なんか十時には横になった

さて、今日の一曲
またしても該当なし

ただ、前の日に候補が二曲あり、選考に漏れた曲を昨日の一曲にもってきた
Tom Waits「In the Neighborhood」

この曲を初めて知ったのは、大学二年か三年のとき
ポッパーズMTVでビデオクリップが流れ、テレビで観た
それまでTomの存在も知らなかった

ポッパーズでは、アーティストが歌って踊るだけのビデオクリップはあまり流れない
(なにせデ○ランデ○ランのビデオを「イモですね」と切り捨てる番組だから)
知らないアーティストのビデオなんかが流れるので、この番組で知ったアーティストの
アルバムを購入することが多くあった

で、Tomのビデオ
なんじゃこりゃと思った Tomを始めとした数人の男女が歌に合わせて行進していく
んだが、とにかく変
こんなヒットチャートとは無縁(失礼)な歌のビデオも作られているんだと、一緒にテレビを
観ていた友人と妙に感心していた

後にこの番組だったかで流れたTomの別の曲「Blue Valentine」もKateに入っている 

Tomは、大学三年か四年の頃の映画「ストレンジャー何とか」に出演して有名になったな
(一部で)

(08:03)

2011年12月15日

_SL500_AA300_
今日の一曲候補は、二曲もあった
二秒くらい迷ったが、今日はこれ

Japan「Halloween」

今でこそ、Japanは1stと2ndもいいと思うが、中学生当時「ミュージックライフ」を
愛読していた私は3rd「QuietLife」が好きだった

中学時代の私の部屋にはJapanのポスターが貼ってあった
親は嘆いていたんだろう

当時は、何か退廃的なものの象徴としてベルリンが取り上げられることが多かった
まだ東西ドイツがあったころ
どういうわけか、退廃的な感じのするものなんかにかぶれなければいけないという
脅迫観念みたいなものに囚われていた中学時代
あと、女性的な感じのするものが優れていると意味もなく信じていた
だからJapanが好きだった

当然、ヒットチャートを賑わすような曲を聴くのは恥だと思い込んでいた 今もその
傾向はある

このHalloweenも、舞台がベルリンというだけで聴いてみた
でも、ミックカーンのうねうねしたベースやサックスは好きだった
退廃的なものの意味もわからずに聴いていたんだ
中学時代の私の写真には、QuietLifeのジャケットのデビシルのポーズを真似たもの
が多い 恥ずかしい


(22:00)