2011年02月09日

images
ワンピースってマンガがメガヒットしているそうな 今観ているテレビの受け売りだけど
読んだことないな

マンガはもちろん好きだけど、単行本をすべて揃えるとかっていう情熱は湧かない
唯二の例外の一つが、予備校の時になぜか揃えた「漂流教室」 とにかく結末が知りたかったから
この作者の恐怖マンガって、ベタで塗った黒が本当に濃いように思う 
でも、私が実家を離れて大学生活を送っている間に「漂流教室」は母親に処分されてしまった 合掌

もう一つの例外が「カムイ」
カムイに関しては、かなり小さい頃に観たアニメ「カムイ外伝」のラストに流れる曲が好きだった
水原弘の歌っているやつ ♪ひ~とり~ ひ~とり~ カムイ~♪  
ずっと再放送を待っていたんだけど、内容が内容だけになかなか機会がなかった
ところが、数年前自宅でケーブルテレビを観ていたら「カムイ外伝」をやっていた 録画して全部観た

単行本のマンガは、アニメの内容とは違う 単行本の方は、アニメ化は不可能だろう
一冊一冊がぶ厚いんだけど、全十五巻 
ほとんど一気に読んだな すごいオチだった 
ちなみにアニメ「カムイ外伝」のラストの曲は、私のKate(iPodね)に入っています

全巻揃えたのは、この二つ

小学校三年の頃、母が新聞で「今はやっているマンガ」という欄を読んで、内容を知らずに私に買ってきたマンガというのがすごい 「トイレット博士」
うん〇ちゃんが出てくるやつ 私は小さい頃からマンガを買って読むということがほとんどなかったので、珍しいこともあると思い一気に読破 
ところが、自分が買ってきたマンガの内容を確認した母が激高 マンガを捨てられそうになったけど、必死に阻止した 激高って、自分で買ってきたくせにねぇ

あとは、友達の家で読んだんだと思うけど、「荒野の少年イサム」も好きだった 
私は、ベタが好きなのだ

中学時代は、あまりマンガにはまった記憶はない
高校の時には、蛭子能収のマンガをたまに読んだな 「地獄に堕ちた教師ども」とか
バカバカしさが好きだった この人のマンガのタイトルって、洋画のタイトルのマネが多い 映画が好きなんだろうな

あとは、少女マンガが好きだった と言っても大島弓子だけ
「綿の国星」って、映画も観にいった チビ猫の缶ペンケースなんて、今も持っている
彼女の作品の主人公って変わっていて好きだな 「邪夢」とか「庭野千草」とか
いつか、大島弓子の全集は揃えたいなと思っている

あ、予備校の時に読んだ「ひさうちみちお」の作品も、椅子からズリ落ちるほど驚いたな
「罪と罰」とか 
ひさうちみちおって、多分ミュシャが好きなんだと思う

ミュシャのリトグラフの復刻版は四枚ほど所有している 
あの曲線が官能的で好きなんだよねぇ あ、マンガの話してたんだっけ


(20:22)
Unknown
大学の頃に映画館に観に行った映画でもラストは泣いたことがあった
その時は一人ではなかったんだけど  泣いているのを隠すのに必死だった
映画の名前は「フィールドオブドリームス」
自分から観たいと思った映画ではないんだけど、相方がどうしても観たいというもんだから、映画館に行った

スポーツものとか、死んだ人がよみがえるとか、別れるといった映画に弱いのかも

(07:52)

2011年02月08日

UnknownさっきテレビCMを観ていたら驚いた
フレディマーキュリィが歌っていた
しかもソロで.. 他のメンバーはCGで消されたのか...

替え歌とは言え、歌が上手いよねぇ

中学の時、どういう理由だったか憶えていないけど、友人からクイーンのLPをもらった 
「世界に捧ぐ」ってやつで、「伝説のチャンピオン」が入っている

当時は、クイーンとチープトリックが人気があり、私はどちらかというとチープトリックの能天気さの方が好きだった
世界に捧ぐも、当時はよさがわからなくて、もらったLPもあまり聞かなかったな
今は英国系の音楽の方が好きだけど、たまに米国系の音楽に限らず能天気な音楽も聞くことがある(グラムとかね)

歌が上手いって言えば、フレディ様と、カレンカーペンターが浮かぶな
あと、The Cultのボーカルも上手いと思う 路線がバラバラだな

上手いというのか、声量が凄いというのか、Tom Jonesもいいね 能天気で Pussy Catって、放送禁止用語なのかと思っていたよ

「伝説の~」で思い出したんだけど、洋楽のタイトルの邦題って、「伝説の~」とか「哀愁の~」とかって多い
「哀愁のマンデー」って何となく意味がわかるけど、「哀愁のトラジディ」ともなると、最早理解不能

南無




(20:23)

2011年02月07日

Unknown

さっき、教養番組でやっていたんだけど、映画「ひまわり」の話
ソフィアローレンとマルチェロマストロヤンニ
最初に観たのはテレビだったはず 中学の頃かな その時はたぶん母と一緒だったと思うので、涙を必死でこらえたと思う

去年だったか、ケーブルテレビで久しぶりに観た 
泣いた やっぱ映画は一人で観るに限る

映画としては、多分ベタな部類なんだと思う 普通ロシアで行方不明の外国人が見つかるだろうか?
画面いっぱいのひまわりのカット 
ひまわりの下にある土の下には兵隊が眠っているって話に子供ながらゾクっとした

あの音楽がまたいいんだよね

また観たくなってきたな 一人で
日常で、涙を流すことは滅多になくなっているんで、たまには映画で号泣するのもいいな

号泣と言えば、集英社だったか文庫版の「銀河鉄道999」を読んだのは高校の時か 最後のメーテルとの別れのシーンで号泣
それ以来、何度読んでも号泣する ただし一人で

大島弓子の「ジョカへ」も読むたびに号泣するんだけど、友人に貸して感想を聞いたところ「泣きどころがわからん」そうだ

ウルトラセブンの最終回でも泣けるぞ 何度でも    任せておけ
アンヌ隊員の涙 
ひし実ゆり子さんのサイン会に子供を連れて行ったのは、もう10年以上も前になるか

テレビドラマ「気になる嫁さん」の最終回でも泣く
主演は榊原るみと石立鉄夫 って、何年前のドラマだ
これには、とある思い出とラップするんだけど、とある思い出とはヒミツ
(誰も興味ねぇか)

あの映画でもラストは泣いたな...(以下長いので省略)

(23:19)
Unknown
やっと月曜日が終わりかけたというのに、一体どうしたんだろう この肩の凝り方は
何かに憑りつかれたんだろうか 
酒でも飲んで早く寝た方がいいのかもしれないけど、寝るわけにはいかないんだな 観たいテレビ番組があるから ちなみに、この部屋に録画装置はない

本の話を昨日寝る前につらつら書いた
ショーペンハウエルの「自殺について」って本も大学一年の時に読んだ
何でこんな本読んだんだろうか 恰好つけたかったんだと思う

例によって、内容はまるで憶えていないけど、印象に残った言葉はある
「人生とは 裏切られた希望 挫折した目論見 それと気づいた時にはすでに遅すぎる過ちの連続にほかならない」
このフレーズだけは、ほぼ暗記している 和訳なんで、多少間違っていても平気だね

言葉って言えば、太宰の「幸せは一夜おくれて来る」 
も好きだな 「女学生」って短編だっけ

(19:58)