2011年02月03日

Unknown
先日、ある人のお話を聞いたが、その方の知り合いの脳科学者の方のお話というのが印象に残った

入社以来二十年近くになるだろうか
イヤな思いを感じないでいたというのは、数年間だった気がする

感受性が強いのかどうか、常にイヤな思いはしていると思う

聞いた話の内容は

・イヤなことは、紙に書き出す
・イヤなことを思い出して、目をグルグルと回す

これで、イヤなことは記憶の中から消えていくらしい

紙に書き出してから、目をグルグル回すのかどうかは忘れちゃった
大事なことなんだけど...
 
イヤなことを思い出してから、目をグルグル回すことで、脳に目を回すことに集中させることで、イヤなことを薄める効果があるんだって

試してみよう 

(22:46)

2011年01月31日

images
苦手な飛行機に乗ることになっている

いまだかつて、窓際の席に座ったことがない
いつも通路側 窓の外を眺める余裕なんかない

搭乗前に、一杯も二杯もひっかけて座席につくやいなや眠ることにしている 飲み物のサービスがある頃は、まず私は寝ている(それか、目をつぶっている) 明日も空港のレストランで酒を飲もう

飛行機が揺れるのはまだしも、たまにスーッと落ちることがある
あれが耐えられない

子供の頃は、飛行機に乗るたびに嘔吐していた
そのトラウマがあるのかな

電車はいいよね
明日も本当は電車がいいんだけどな

(23:07)
images
夢はほとんど毎日みる 白黒の夢しかみないって人もいるけど、私のみる夢はいつもオールカラー
しかも、設定に脈絡がないからおもしろい

昨日の夢の設定は、私が再婚することになって、その再婚相手にプレゼントを買うために、どこかのホテル(のような建物)を訪ねるというもの
再婚相手の設定は憶えていない 夢で隣にいたのがその人だったような気がするけど、誰だったんだろう

ちなみに、再婚願望はこれっぽっちもないんだけど

で、設定は変だけどこれだけじゃぁ面白くない

ホテルのフロアを、何と私は小型のオープンカーで移動
その車は、乗らないときはどこにあったかというと、実に私の上着のポケットの中
乗る時には、ポケットから車を取り出して、折りたたんだ状態を広げて運転するというもの ちなみにオートマチックだった

ホテルのカーペットの上を私の乗った車が移動するんだけど、お客さんの誰一人振り返ったりしていなかったな
で、一体何を購入したのかも憶えていない

夢はほぼ毎晩みるんだけど、夢の内容を憶えているのってせいぜい8時前まで 
記録に残すほどの内容じゃないんだけどね


(07:29)

2011年01月30日

Unknown引きこもりも二日目ともなると、いつにも増してやることがない
以前と違うのは、ブログに書くネタを考えるようになったことかな

テレビ観ていたら、今度某国営放送BSで、アカデミー賞受賞作品特集やるんだって
最初に放映する「アラビアのロレンス」の解説やっていた

初めてこの映画テレビで観たのは、中学の頃だったかな
冒頭の陽炎のようなラクダのシーン オマーシャリフ どことなく異常そうな雰囲気のピーターオトゥール 今までに何回位観たかわからない

ロレンスに関する本も何冊も読んだな
ピーターオトゥールって、まだご存命なんだっけ?(失礼)

映画は好きなんだけど、不思議とレンタルDVDは会員証すら持っていない
最後に映画館で観た映画って何か考えたんだけど、昨年秋に家族で観にいった「借りぐらしのアリエッティ」だわ
 
ジブリの映画って先入観で私には合わないと思っていたんだけど、アリエッティは面白かった 
淡々とし過ぎのような気もしたエンディングがよかったなぁ 

ちなみに滅多に邦画は観ない だってすぐにテレビで放映されそうなんだもん 

一番最初に、自分の金払って観た映画は「ディアハンター」
デニーロが出るやつ ベトナム戦争もの 映画が終わっても家路に着く途中友人と終始無言だった メリルストリープって好きなんだよ

映画館では観ていないんだけど、カメラワークが印象的だったのは、「天国の日々」 リチャードギアの出るやつね 

この映画の監督ってたしか「シンレッドライン」の監督もしていたはず、この映画は日本兵の描き方が少し変だったけど、やはりカメラワークが印象的だった 陶酔的って表現がぴったりかなぁ

ちなみに、誰も興味ないだろうけど、今まで観た映画のベスト5(テレビでの視聴含む)

惑星ソラリス   あんなにショボい宇宙ステーションはないよな ハリー役の女優さんが好き(今はかなりふくよか              
           になっているみたい) 
気狂いピエロ  放送禁止用語だけど、他に何て呼ぶのかわからない
           デッドエンドの映画って好き アンナカリーナも好き
カルメンという名の女 ゴダールの映画って、雰囲気が好き
               これも主演のマルーシュカ何とかの顔が好き
アラビアのロレンス 別に女優さんが出てこない映画も好きなものはある
ドクトルジバゴ    最初に観たのは小学六年くらいだったかな ロレンスに出ていたオマーシャリフが主演とい
             うだけで観たな
             ラーラ役の女性も好き ラーラの元恋人役もよかったな トムコートネイだっけ
ほとんどが、主演か助演の女優さんが好きかどうかで決まっている気がするな

番外 マタンゴ 灰とダイヤモンド 未来世紀ブラジル 忍びの者シリーズ
    鬼戦車T-34 パヒューム 勝手にしやがれ 幻の光 フランス軍  
    中尉の女 道 地獄に堕ちた勇者ども ベニスに死す 僕の村は 
    戦場だった 殺人の追憶 トンマッコルへようこそ フルモンティ

他にもあると思うけど、思い出したらまた書きますわ って、誰も見たくねぇか...

(15:29)
images


私は、普段は大食いではないけど潜在的には大食漢なんだと思う
大食漢とは別の話だけど、食事を残すのが嫌い 残すくらいなら手をつけない
家では、子供が残した食事も食べてしまう...

最近は少なくなったけど、何かのきっかけで食欲スイッチが入るときがある そうすると、食べるのが止まらない

会社に入ったばかりの頃独身寮にいたんだけど、後に「食獣会」を結成した先輩と一緒に飲みに行ったときに、スイッチが入ったことがある

まずは焼肉屋 何人前だったか覚えていないけど、しっかりとご飯ものまで食べたと思う

で、よせばいいのに次は寿司屋 その店は「ねぎとろ巻」がおいしかったんだけど、だからって、ねぎとろ巻ばかり何個食べたんだろうか

焼肉屋でも寿司屋でも酒は飲んでいたはずなんで、摂取カロリーは成人男性の一日に必要な量の数倍をこの時点で超えていただろう

まだ続きがある

この日は外食だったんで、独身寮の食事はキャンセルしてあった
でも食獣の先輩と寮に戻って、食堂を覗いたところ、その日のメニューは
カレーで、まだ食事をしていない人用の食器が数個残っていた
スイッチが入って手の付けられない食獣二匹は、猛然と食器を奪い、まだ炊飯ジャーに残っていたご飯に大量のカレーをかけて、ご丁寧におかわりまでした

もはや満腹中枢は機能していなかったと思うけど、ようやくここでお開き
翌日は、胃拡張だったんだろうか猛烈な空腹感に悩まされた

阿呆もここに極まれりである

(10:59)