2017年08月01日

lgi01a201308132000先日のプロ野球テレビ中継は、試合が淡々と進んだので、解説者が盛り上がることもさほどなく淡々と終了した

あまりにも両軍の投手の出来がよかった
解説することがないので、解説者はまさに与太話のオンパレードと言う感じで、時間を潰していた

滅多に投手を褒めることのない解説者だったが、勝ったわが球団の投手のことは、珍しく()褒めていた
「ああいう投手の球を受けてみたい」とか


(04:30)

2017年07月31日

9341f757先日、テレビで野球中継を観た

パリーグの、わがチームと昨年の日本一のチームとの試合

番組では、ボヤキで有名なあの元捕手(元監督)と、野球理論というものを持ち合わせているのかこの人はと思わせる、元別のチ―ㇺの監督豪華ダブル解説という布陣だった

私がテレビをつけたのは、試合開始から一時間と少ししか経過していなかったが、両チームの投手が調子よく、すでに6回の攻防だった

投手の調子がいいということで、テンポもよく、その時点ではホームランによる得点のみで、ヒットすらあまり生まれない状況で試合は続いていた

解説者も、あまりにも淡々と試合が進行するものだから、「すいません お二方に解説をお願いするシーンがあまりなくて」と正直に言う始末
元捕手の元監督も、「解説者泣かせの試合ですな こんなこともありますわな」と一言
あまりにも解説することがないので、現役時代の裏話をしたり、現役の選手へのボヤキをこぼす始末

試合はわが球団の二本のホームランで決まってしまった

まぁこんなこともあるんだろうが、あまりにも淡々とした試合だったんで、視聴率的にはどうだったんだろうか
豪華解説者へのギャラを考えると、番組的には大丈夫だったのか

余計な心配をしてしまう
わが球団が勝ったので、それはそれでいいんだけど


(04:30)

2017年07月30日

th最近は拙ブログには登場していないが、私が会社帰路に降りる最寄り駅近くにあって、二週間に一度程度の割合で私がふと立ち寄る中華料理店がある

勝手にその店に私が名付たのは、「食堂ふたり

極端に耳の遠いマスターと、その夫人であろう、マスターには口うるさく、客には矢鱈と話しかけてくるオバさんが店にはいる

先日、その店には寄らずに自宅に向かう帰路で、これから店に出るのだろうかオバサンとすれ違った

オバサンは私には気が付いていない

私は、視力がいい老眼ではあるが)ので、すれ違う人の顏はよくわかる

オバサンは、首に巻いたサマーマフラーらしきものを、手でブンブン振り回しながら歩いていた
何やら歌っているようにも見えた

これから「食堂ふたり」に出勤するのだろうか
なぜかご機嫌な様だった





(04:30)

2017年07月29日

recipe_589_1私の通勤経路にある、インド料理店

この店ではナイスな企画で、生ビールを300円以下で提供している
ただそれだけに近い理由で、私は週に平均して一回ほどは会社帰りにこの店に寄っている

きっかけは、この店の前で客寄せをしている外国人の店員さん
私の顔を見るなり、「ビール冷えてますよ オイシイですよ」と片言の日本語でいざなってくる

最近、この店員さんの姿を見かけない
夏休みで帰国したのか 早い盆休みを取得したのか(盆という風習があるのか

妙に気にかかる


(09:28)

2017年07月28日

debbi331会社帰りの電車内で見かけた光景

私は立っていて、私の目の前に、私に背中を向けて携帯をいじっている女性がやはり立っていた

女性は小柄で長髪 若いような感じだった
髪の毛を染めているのか地毛なのか、赤紫っぽい長髪だった

私は彼女の後ろに立っていたのだが、どこか後ろ姿がヘン
何で違和感があるのかと思った

彼女の耳が髪の毛の間からのぞいていた
肌の色に比較して、人工的な感じのする肌色
しかも耳の先が尖っている

何だか豚の耳のようだった 悪魔の耳か
って、悪魔に会ったことはないけど

余りにも違和感があるので、彼女の耳の部分をガン見してみた
その尖った耳はつけ耳だった
つけ耳って言葉は普通なのか
彼女は携帯(スマホ)でイヤホンで音楽を聴いていた

そのイヤホンを耳に装着する部分がつけ耳のようになっているように見える
尖った耳のイヤホンが流行っているのか

彼女はラインをしているようで、両手で凄い速度で文字を入力していた
悪趣味だと思いつつも、背中越しにスマホの画面を覗き込んだら、彼女が入力しているのは英語だった

英語の堪能な日本人女性かと思い、私は電車を下車する際に、彼女の顔をチラ見したら、何と彼女は外国人だった

外国人(白人)で、紫色の長髪 尖ったつけ耳

ヘンな人だった(私に言われたくないか


(04:30)