2017年07月27日

201507230744399c4s私の出身大学は、今はどうだか知らないが私の学生時代は三学期制だった

二学期と三学期の間には、一週間程度の「秋休み」があった
時期は十一月末くらいだったか

大学一年の秋休みには、私はろくに所持金もないくせに、東北旅行をした
移動には夜行急行を使ったりした貧乏旅行だったが

行った最初の地は、本州最北端の県
県都ではなく、人口でその県二番目の都市

たしか雪が降っていた

私は一人でその都市の駅前に降り立ったのだが、人柄の良さが私の表情に滲み出ているのだろうか、私はその都市の駅前で、一人の初老の男性に一方的に話しかけられた

初老の男性は私に向かい容赦なくハードな方言で語りかけてくる
時間にして五分くらいだったか
私は文字通り立ちつくしていた 駅前のロータリーで

私が理解できた単語はただの一つもなく、一方的に喋る男性の言葉尻で、それが疑問形なのか(私に同意を求めているのか)どうかを勝手に判断して笑顔で相槌をうったりした

初老の男性がなぜ私に話しかけてきたのかだが、ひとしきり喋り終えると男性は、どっかに去って行った
満足そうに

この県にはその十五年後に私は住むことになるのだが、その県でもこの地方の訛りは強く、よくテレビで面白おかしくイジられている

この県出身の男性歌手のCDを一枚持っている
アルバム最後の曲で、漁師のお父さんのセリフを方言で歌っている
わいかつくつどしだ

このアルバムを購入してから二十年近く経つが、未だにこの言葉の意味がわからない




(04:30)

2017年07月26日

atc-00929-b通勤途中のこと 
私が最寄り駅まで歩いている途中でのできごと

私の前方から、自転車に乗った初老の男性が近づいてくる
青いキャップを被っている
服装の記憶はない
男性はやせ型で、目が泳いでいるような感じだったのが印象的だった

その男性が、私とすれ違う瞬間に、ニコリともせずに私に道を尋ねてきた
〇〇南町は、この道を真っすぐ行った方向ですか?」
南町?
確かに、隣駅と三駅隣の駅の近くには南町があるが、漢字にすると〇〇ではなく〇〇〇南町
そもそも男性の発音とは違っている
南町ですか?」と私

「ええ〇〇南町です
〇〇という言葉は聞き取れたのだが、漢字ではどう書くのわからない
「う~ん」と私が困った表情をしていると、初老の男性は「あ、もういいです」と言って去って行った

あの男性はあの後どこへ行ったのだろうと考えつつ、会社に着いてからパソコンで「〇〇南町」をひらがなで入力して検索してみた

なんと、「〇〇南町」は実在した
ただし、ここからは電車を使っても一時間近くはかかる市にある町
私は行ったことがない

あの自転車の男性は実在する「〇〇南町」から自転車で来たのだろうか
自転車はスポーツタイプでも何でもないタイプ 自転車だと三、四時間はかかるだろう
男性は息も上がっていなかったし、汗だくでもなかった

確かに、男性が来た道を真っすぐ行って大通りを右折すれば、「〇〇南町」の方向へ行くことは行く
あの男性は「〇〇南町」から来たのだろうか
これから行くところだったのか


気になる


(04:30)

2017年07月25日

4694295_163658195131_2昔の職場でのこと

同じ部だが、隣のグループには私と同い年の女性がいた
で、ある時その女性に、口頭で何か頼みごとをした
大して煩雑な用事ではなかった(と思う

頼みごとが終わると、その女性は「了解しました」という意味だったんだろう、私に向かって敬礼をした
サラリーマン職場なんで、帽子は着用していない 私もその女性も
帽子を着用していないのに、敬礼というのも何だろうなと思ったのだが、まぁいい

決定的に違和感があったのは、無帽の女性が左手で敬礼をしたこと
その女性は左利きだったのかも知れないが、左手での敬礼は認められていないはず

私は一言だけ女性に言った
敬礼は右手でね

その様子を見ていた別の同僚が、笑いをこらえていた
「〇〇さん(私の名前) コメントはそれだけですかぁ?

たまに、テレビで左手で敬礼をしているタレントさんを見かけることがある
テレビの前では毎回私は「敬礼は右手でね」と、その度に語りかけている




(04:30)

2017年07月24日

l_1271904606_7579私の通勤経路にあったとある洋品店の改修(?)工事が終了し、店の復活はなく「更地」となったということは、先日拙ブログに書いた

この洋品店の脇にある階段を下っていくと、飲食店街になる
この飲食店街にあった店が並びで二軒同時に閉店し、二か月以上改修工事に入っていた

私は閉店となったどちらの店にも行ったことがなかった
先日、工事中の外壁に、来月新規店が開店する旨が書かれていた

この店の近くには、麺類の店が多いのだが、新規開店するのは洋麺屋
近くにある麺類の店とは、被ってはいない

新規店の開店を機に、次に鬼籍に入る飲食店の予想をしている底意地の悪い私
明日はどっちだ?


(04:30)

2017年07月23日

0077私の通勤経路にあった洋品店の話

一体誰が購入するんだろうと思うような色使いのスウェットパンツを、一年以上バーゲンセールに供していた

結局その商品が売れることはなく、惜しまれつつ()先月その店は工事に入った 
前触れもなく
新しい店に生まれ変わるのか、まさかの改装か

先日、気が付いたのだがその店の工事中に外壁となっていた囲いが撤去されていた
これも前触れもなく
一体、どんな風に工事が終わったのか?

なんと、見えたのは更地だった
商品の陳列棚も、レジもなにもない
店の看板も出ていない

単なる休憩場所になるんだろうか
大して期待もなく見てはいたのだが、復活の日は訪れなかったということか


(04:30)