2020年01月02日

無題わが蹴球団がある大会の決勝で敗れた

私が応援しているチームの試合をテレビで応援観戦すると、高い確率でそのチームは敗れるというジンクスが実現した

そう、生放送でテレビ観戦していた

これまた新年早々であるが、ヤケ酒を口実に深酒中である

(04:30)

2020年01月01日

無題新年にふさわしい清々しいタイトルである

光合成」の仕組みを教わったのは、確か小学六年生の時だったと思う
なぜそんなことを記憶しているのか
光合成の授業で、私は担任の先生に指名されて理科の教科書を朗読した

私は大きな声で教科書を読んだ
ひかりごうせいとは~

教室内では失笑は起きなかった
生徒のほとんどが、光合成の正しい読み方を知らなかったのだろう
担任の先生だけは私に冷静に指摘した
あ、こうごうせいね

そうか、こうごうせいと読むのかこの単語は
知らなかったよ
この年齢になるまで憶えているんだから、かなり恥ずかしかったよ



(04:30)

2019年12月31日

テレビを観ていて思い出した

imagesその番組の小道具として、振り子時計が使われていた
あれは小道具ではなくて、普段から使われているものだったのかも
私の、もう死んだが婆ちゃんの家の居間には振り子時計があった

振り子がカッチッカッチッと鳴り、定時になるとボーンボーンと鐘が鳴って時を知らせてくれた 夜中であっても
この振り子のカッチッカッチッという音が耳に残っている

時計はゼンマイ式で、月に一度婆ちゃんが時計を高いところから降ろしてネジを巻いていた
私が帰省して婆ちゃんの家にいる時には、ネジ巻きを手伝った

もう何年前だったか、ネジ巻きが婆ちゃんの負担になることから、時計は電池式の振り子時計に替わった
電池式なんでネジ巻きは不要だったが、毎定時になっても鐘は鳴らなくなった
振り子のカッチカッチという音も小さくなった気がする

今はもうゼンマイ式の振り子時計はない
電池式の振り子時計もどうなったんだろう



(04:30)

2019年12月30日

無題テレビで、野球のパリーグ2014シーズンのわがチームのホームゲーム最終戦の模様を観た

この試合に勝てばわがチームのリーグ優勝が決まるという試合
2014シーズンの優勝チームがどこだったか憶えていないので、さぞドキドキしてテレビを観ていたのだろうと思う向きもあるかも知れない
が、ドキドキはしなかった

なぜか

ケーブルテレビのこのチャンネルの野球放送は、わがチームのホームゲーム勝利試合しか放映しないのだ
つまり、わがチームが勝ってリーグ優勝を飾るのはわかっていた

でも試合が延長戦までもつれ、抑え投手陣があれほど苦労したとは記憶になかった
勝ち負けのわかっている野球の試合を観て何か楽しいのか
いや、楽しいのです


(04:30)

2019年12月29日

無題私は、幼少期に引っ越しが多かったのと、就職してからも転勤が長距離を含めて割と多かったため、日本全国を回っている方だと思う

この程度では引っ越しが多いとは判断されないかも知れないが、幼稚園は二か所、小学校は四か所通った
中学入学以降は、転校の経験はない

日本全国で行ったことのない都道府県は、南から沖縄県、四国四県、和歌山県、三重県、福井県、富山県とこうなるか
私の親も私も旅行が好きだったことも理由の一つかと思う
行ったことのない県をいつか無くしてみたいとも思うが、一つ未訪問県のカウントの方法について疑問がある

私は高校の時に、友人と鈍行列車の旅をしたことがある
その時は大阪から日本海側を旅した
私の乗った鈍行列車は富山駅で15分ほど停車
した
富山県に行ったことがないのを思い出して、私は富山駅のホームに一旦降りてすぐに鈍行列車に戻った

私の疑問だが、この数秒間の滞在であっても、未訪問県の訪問とカウントしてもいいのかというスケールの大きなもの
端的に言うと、富山駅の数秒間の訪問(ホームに足をついた)を持って富山県に行ったことがあると言ってしまっていいのかと言うこと

どうして未訪問県の一つ福井駅でも同じことをしなかったのかと問われても仕方ないが、多分停車時間が短かったのだろう
気の小さい私は、短い停車時間で福井駅ホームに降りたはいいが、列車の扉が閉まりホームに取り残されることを心配したのだろう

私は富山県に行ったことがあると言い切っていいのか
気になって、眠れそうもない



(04:30)