2011年08月10日

images

最近、夜夢をみることが少なくなった
いつ頃からだろうか

以前は、公開排泄の夢とかとんでもない夢をよく見たんだが
しかもオールカラー
不思議と夢の内容は目覚めてからもしばらくは覚えていた

最近は、ラジオ深夜便を聞きながら眠るが、あっという間に記憶がなくなる
明け方に一度目を覚ますくらいだ

眠りが深いんだろうか

毎日夢は見ているんだけど、内容を覚えていないだけなんだろうか

(08:03)

2011年08月06日

Unknown
一昨日は、夕方六時半ごろに家の近くをジョギングした
この日は曇りだったんだが、日没の時間は何となくわかった

18:50くらいだったと思う 日没は 
二週間ほど前は、まだ日没は19時頃だったと思うけど

確実に日没時間は早くなっている 日の出の時間も少しずつ遅くなっているはずだ

この頃は多少涼しいが、まだ暑くはなるんだろう まだお盆前だし

でも、何となく夏の終わりの気配を感じてしまう
少し寂しい気持ちになる


(21:32)

2011年07月31日

Unknown
46歳になった
小学生の頃は、自分が30歳以上になった姿なんて想像できなかったのに

なんだか疲れやすくなったような気がする 最近

ヤキがまわりましたかのぅ

(08:47)

2011年07月25日

Unknown
私は生まれながらの不器用 かなりの折り紙つきでもある

もう30年ほど前になるか
中学校の技術家庭は男子必修だったので、約80人近い男子が受けていた

あるとき、電子工作でインターホンをつくることになった
ハンダ付とかあるやつ

私のインターホンの基盤は、ハンダ付の失敗の繰り返しにより、クモの巣のようだった
結局男子80人中、インターホンのスイッチを押しても音が鳴らなかったのは私だけであった

別の木工工作では、折りたたみ椅子をつくった
人の倍近い時間を費やしたが、椅子の接地面は本来なら木の平面部分が来るはずなのに、
これまた男子80人中私の椅子だけは、接地面の一つに、木の尖った部分が来ていた
組み立てがすべて終わってから気がついたので、修正不可

技術家庭の成績は悪かった

単に不器用というよりも、論理的にモノを考えることができないんだろう
左脳は人よりも少ないに違いない


(09:16)

2011年07月22日

110812-01
学生時代に金がなかったのは私だけでなく、友人の大半がそうだった

外食なんて概念はほとんどなかった 自炊ばっかり たまにある飲み会は別

同じアパートに住んでいた友人の話
実家からコメが送られてきたのだが、仕送り前だったので、手持ちのカネがなく冷蔵庫の残り物を集めてカレーライスをつくることにした
順調に仕上がってきたのだが、肝心のカレー粉がやや不足して、カレーにとろみが足りなかったらしい
カレー粉を買う金はなし

どういう訳か、片栗粉を持っていたので、友人氏はカレーの鍋に直接片栗粉を投入した とろみを増すために

ところが、ちょっと加減を間違えて、かなりの量の片栗粉が入ってしまったらしい

カレー鍋をかきまぜていたが、とろみがついたどころではなく、かなりの抵抗がでてきたらしい

片栗粉恐るべし

結局できあがったのは、薄味のカレー ゼリーだった
ご飯の上で、カレーゼリーがプルプル揺れていたらしい

泣きながらかどうか知らないが、友人氏は意地でゼリーを完食したようだ
他に食べるモノはないし 

(15:55)