2017年03月30日

img_2春である 花粉である

前にも書いたが私の花粉症の症状は、目にだけ現れる
目が猛烈に痒くなるのだ

鼻水が垂れるということはほとんどない

今年の花粉飛散はまだピークに達していないのだろうか
まだまだ飛散は続くのか

現在のところ、私は例年感じるような、眼球を取り出して水洗したあとに、再び眼球を装着したくなるほどの痒みがない 今のところかも知れないが

もちろん、目薬をさすような場面は何度もあるが、それも例年ほどの頻度ではない

もしかして体質が変わって、花粉症の症状が消えたのだろうか
なんて甘い期待をすると、例年通りあまりの目の痒さにウミガメのようにポロポロ涙を流すような日々がまたやって来そうだ

期待はしないことだ


(04:30)

2017年03月29日

thW8THOW8X先日、会社の帰り道に寄り道してラーメン屋に行った

禁止しているはずの間食である またも一人で

カウンターで、隣の席には白人の二人連れの男性がラーメンを食べていた
これが東洋の黄色いサルが好んで食べるというラーメンか
と彼らが思っていたかどうかはわからない

あまり食事中の表情をガン見すると、殴られそうなので、私はこっそりと観察した
西洋人は、麺を食べる時やスープを飲むときには音を立てるのを嫌うが、それはラーメンを食べる時にも当てはまるのか?

二人の西洋人は、いかにも旅行者といった風体で、デイパック姿だった

箸の使い方も上手に麺を食べているが、やはり音を立てていない
啜って食べる」ということができないのかも知れない

私には真似できそうもない
レンゲを使ってラーメンのスープを飲んでいるが、やはり無音

彼らは、隣席でズハズハと、小池さん(古っ)のように音を立ててラーメンを食べている私を見てどう思ったのか
私は、西洋人を気にしてラーメンを食べるつもりは毛頭ない

ここは日本だ

日本人は蕎麦でもうどんでもラーメンでも、麺類を食べるときは音を立てて食べるもんだ
パスタは違うかも知れないが あれは西洋の食べ物だから

このラーメン屋が仮に海外にあって、私はそこを訪れた旅行客
周囲は外国人だらけという状況だったら私はどうするか?

気の弱い私は、あまり音を立てずにラーメンを食べるかもしれない
食べた気がしないかも



(04:30)

2017年03月28日

相撲の話ではなく、パソコンの話

alt1会社でも自宅でも、たまに起こるのだが、パソコンを操作中に画面が無慈悲にまったく反応しなくなったりすることがある
私のあるあるだが、そんな時に限って文書を保存していなかったりする これはどうでもいい話だが

所謂パソコンのフリーズだが、無駄を承知で私はパソコンに語りかけたりする
「もしも~し 生きてますかぁ~」
戦争は終わったんですよぉ 出てきてくださ~い」

私の語りかけによってパソコンが死の淵から生還したことはない

こんな時にパソコンへ無慈悲に振り下ろす鉄槌の合図
「Ctrl」+「Alt」+「Del」キーの三所攻め
つまり「リセット」だ

この「Alt」キーの話
私の周囲では、「コントロールキーとデリートキーとアルトキ―を同時に押す」なんて言う人が多い
「Altキー」って「アルトキ―」と読むのだろうか

私は「オルトキー」と呼ぶのだと思っているが数十年思い違いをしていたのだろうか
ってかAltって、何の短縮形だ?
Alter? Alternate? そんな単語あったっけ?



(04:30)

2017年03月27日

thINQSAMG8ずいぶん昔の話

私のいた職場では、社外の人を対象にした職場の業務内容説明会みたいなものをよくやっていた

当時は私は自他ともに認める「若手」だったし、仕事柄ということもあり、よくその説明会の議事メモを取っていた
「議事メモ」と書いたが、「議事録」だったら説明会場に録音機を仕掛けておいて、後から文字起こしをすればいい
時間はかかるが、それが「議事録」だろう

私たちは説明会の会場には録音機を仕掛けてはいたが、それを文字起こしには使わなかった
あくまでも補助的に使っていたのであり、大半は手書きのメモを参考に「議事メモ」を作成していた

説明会が終わって、説明内容を忘れないうちに、メモを作成する
説明会の類も何度か経験してくると、割とすんなりメモができる

私がその職場にいた頃は、「議事メモ」を社外に公開することはなかった

問題は「議事メモ(案)」ができてから
その「メモ(案)」を説明会での説明者を中心に見てもらい、聞き違いなんかがあれば修正してもらうのだが、これが時間がかかる

なぜか
私たちのとったメモがすべて正確だとは言わないが、説明者の中には「俺はこう言うつもりで喋ったんじゃないんだよな」とか言って、自分の発言を大幅に赤字修正したりする人が多かった
赤ペン先生かよ

あのぉ
あんたの発言の真意を今さら聞かされてどうなるんだよ
説明会参加者には、私たちの作ったメモに近い形で聞こえている(理解されている)はずだ

こうして、説明者の自己満足にしか見えないような議事メモ修正作業は、無駄に長い時間続くのであった



(04:30)

2017年03月26日

110819_03先日、通勤で使う会社最寄り駅改札を出てすぐにある公衆トイレを利用した いつものように

通勤時だったが、便意隊の急襲を受けた訳ではない
これから会社に着くまで10分程度の地獄道を歩く前に、予防のために立ち寄ったまで

ちなみに個室は三室とも満室

非常に珍しく、私は腸の具合に余裕があった
満室の個室の前には、先客の若いお兄さんが一人立って並んでいた

普通だったら、腸がテンパっており、修羅のような形相をしているはずだが私は
とても珍しく腸に余裕があったので、列に並んでいた

数分して、三室ある個室の一つの扉が開いた
私の前に並んでいるお兄さんの番だ

と、ここでそのお兄さんは意外な行動に出た
二番目に並んでいた私の方を振り向いて、「お先にどうぞ」と声をかけてくれた

個室の三室あるうち、扉が空いたのは一番奥

お兄さんは、一番奥の個室が嫌いだったのだろうか
比較的腸の具合に余裕があったので、私に順番を譲ってくれたのか
私は修羅のような形相でいたということか?

この時は、珍しく私の腸の具合にも余裕があったのだが、普段の緊急時にはこんなに優しい声をかけてもらったことはない

私は、お兄さんの申し出通りに一番奥の個室で優雅に用を足した
私が本懐を遂げて個室を出ると、まだお兄さんは並んで順番を待っていた

私はお兄さんに感謝を込めて会釈したのだが、お兄さんはそれをスルーした
もしかして、順番を私に譲ったのが悪い結果に繋がったのか?

悪い結果ってなに?



(04:30)