2017年06月26日

20100729_1242650先日、ある飲食店で見かけた光景

私の座ったテーブルの隣のテーブルに、若い男性が一人で来店してきた
高級そうなカメラを手にしている
写真が好きなんだろう 私は写真には興味がない 
ただそれだけだが、何となく観察を続けた

私はメインの食事に入る前に、ビールで枝豆と川エビのから揚げで一杯
カメラマン氏は、酒に手を出すことがなくすぐにメインの食事を始めた
これも別にどうってことはない

で、食事が運ばれてきた
あまり他人が食事している風景をジロジロ見るのは失礼と思い、目を離した
音が聞こえてきた
運ばれてきた食事に箸をつける前に、男性はスマホでガシャガシャと、出された食事の写真を熱心に撮っている
さっさと食事をすればいいのにと私は思ったが、男性は写真を何かスマホで送信している素振りだった

送信が終わったようで、ようやく男性は食事を始めたが、片手にスマホをもって何やら確認している
自分のブログか何かに、食事の写真を送って、それを確認しているのか

聞いた話だが、どこかのラーメン店にて供されたラーメンの写真を、やはりガシャガシャとスマホで撮影して、ブログかなにかに写真をアップした人がいるようだ
それも結構な時間をかけて
一連の作業が終わって、その人(性別は不明)がようやくラーメンを食べたそうだ
長時間撮影行為をしていたせいか、麺がのびてしまっていたらしい

何と、その人は食べ物の評価サイトに、その店のラーメンのことを「麺がのびていて不味い」と投稿したらしい

私には食事の写真をブログにアップする趣味もないし、食べ物評価サイトに投稿したり、評価を参考にしたりすることもない
別に他人が何をしようが、わが身に火の粉が降りかかってこない限り知ったことではない と眠狂四朗のようなことを思っている

単に思うのは、出された食事は写真を撮ったりする前に、早く食べるべきだということ









(04:30)

2017年06月25日

th先日見たで、私は会社の非常階段を降りているんだが、階段室でセミがやかましく鳴いていた

そんな季節か って、どっからセミが侵入したんだろう

で、昨日自宅近くの川沿いの公園では、確かにセミが鳴いているのを聞いた
まだ弱々しい声だったが

(04:30)

2017年06月24日

3996305私の通勤経路にある洋品店が先日突然工事中になり、外壁に覆われるようになったことは書いた

何度も言うが、この店に愛着を持っていた訳ではない

ある日突然、店の周りが外壁に覆われ、何やら壁の内部で工事が行われているようだ

外壁には、張り紙の一つでもあって、「店内改装のためしばらく休業します」だとか「長年のご愛顧に感謝します 閉店します」か何かを知らせてもいいと思うのだが、張り紙の一つもない

別にその店が無くなっても何の感慨もないのだが

まぁ どうでもいいのか

(05:00)

2017年06月23日

ma_153私の大学時代の友人のこと

名前をとしておこう

私の出身学部では、クラス制度というのがあった 1クラス20人くらい
高校生ではないので、同じクラスの学生が同じ授業を受講するということは義務付けられていなかったが、1,2年生の時は週に一回ほどクラス単位で集まることがあった

別に授業を受けたりする訳でもなかったはずだが、一体何をしていたんだろう
てな訳で、クラス意識というのは、比較的強かった

だから、クラス単位の飲み会はよくあった 男女混合で

この飲み会で主人公となるJは普段は口数の少ない普通の男子
飲むと、乱暴者になることは少ないが、破滅的な酔い方をした 特に日本酒が入ると

私の所属していたクラスには女性が五人ほどいた
Kさんは小柄でストレートヘア
Eさんは、Kさんに比べるとくせっ毛

別に二人が並んでいない限り気にはならない 酔ったJ以外は

Jあるあるで、酔うと目がすわって来る
そろそろ暴言が始まる頃だと思ったら、案の定始まった

「Kさんはそんなに髪の毛がキレイなのに、なんでEさんの髪はそんなに汚いの?
飲み会に参加していたクラスの連中が、通夜のように静まり返った

「汚い」って、別にEさんの髪の毛が糞尿まみれだとか、一週間以上洗った形跡が見られないという訳では全くない
Jに暴言を浴びせられたEさんは女神のようにニコニコしていた
本心は修羅の形相だったかも知れないが

しばらくして、Jの酒量は加速度的に上昇し、昏睡状態に陥ったJは飲み会から強制退場になった

大学卒業後にJは某自治体の公務員になったはず
未だにJが自治体の首長選挙に出馬したという話は聞いたことがない
選挙に出ることが公僕の最終目的でもないだろうが

今も、酔うと自滅しているのだろうかJは




(04:30)

2017年06月22日

yy10-s501-8またも、私が平日昼休みに徘徊散歩している、会社近くの公園の遊具広場で見かけた光景

先日に引き続き、ブランコの周囲に設けられた仕切りの鉄の柵(棒)の上を、平均台のようにバランスを取りながら歩いている人がいた

先日見かけた逆立ち女(黒ジャージに黒Tシャツ)ではない
見かけない若い外国人男性で、上半身は裸
下半身には競泳用のハーフパンツの水着を着用していて、競泳用の帽子とゴーグルも頭に着けている

んで裸足で鉄棒の上をバランスをとりながら歩き、時折片方の足を伸ばしたまましゃがんだり、トリッキーなことをしている
たまにバランスを崩し、地面に落下したりしている

天気もよかったので暑いし裸
あの外国人男性も勤め人なんだろうか
または、秘密団体の構成員で密かに訓練を積んでいたのか

隠密訓練にしては、格好が派手

当分この遊具広場から目が離せません



(04:30)