2017年02月21日

IUpnagYI_400x400椎名林檎「真夜中は純潔」の巻

この曲を聴くと、もう15年ほど前に暮らしていた土地のことを思い出す
季節は四月くらいなんだが、その土地は日本でも割と緯度の高いところにあったので、まだ肌寒くて鼻から空気を吸い込むと、空気の冷たさでむせったりした

この曲がリリースされたのもその頃だったと思う

その土地に引っ越す前に林檎姫のデビュー・アルバムを聴いて、陳腐な言葉となるが「ブッ飛んだ」記憶がある
当時はKate(iPod)が世に出ていなかったので、通勤時にはCDウォー〇マンで姫のCDをヘヴィ・ローテーションで聴いていた

やがてセカンドアルバムが世に出る
最初に聴いた印象は、「ちょっとプロデュースというかアレンジのし過ぎかな?」と思ったが、すぐにのめりこんだ
罪と罰」でギターを弾いているベンジーの爆音ギターが素敵だが、それに少しも負けていない林檎姫のヴォーカルも素敵

3rdアルバムが出る前に、たしかこのCDが出たと記憶している
で、この曲を聴くと思い出すのは昔住んでいた土地なんだが、思い出す人もいたりする

その人は女性で、家族とは別の人だったりするから、このことはあまり他人には話していなかったりする
そんなことブログに書いていいのか?と思う向きもあろうが、それほど(まったく)影響力の大きなブログではないので安心であるん?


(04:30)

2017年02月20日

sumire_1施明「これが青春だ」の巻

昨日は、自宅から一時間ちょっとの所にあるが、これまで行ったことのない町に出かけた
相変わらず歩数計をつけて一日を過ごしたのだが、夕方の時点で歩数は二万歩を超えていた
よく歩いた(徘徊ではないつもり

私は、行ったことのない町に限ったことではないが、身なりの貧しそうなというか、商売っ気の感じられないような飲食店を見つけると、好んでそういう店に突入するクセがある
だいたい一人で

期待などしているわけではないので、大体食後の感想は「こんなもんかぁ」というものが多い
ごくたまに、「おぉっ 大当たりだっ」と思う時もある

昨日、たまたま見つけた店も決して身なりは豊かそうではなかった
ラーメン店だったのだが、今時ラーメンが一杯で500円ちょっとというのは珍しいのではないか
私はラーメンに餃子とビールも注文した

ビールは小瓶である 小瓶なんて本当に久しぶりに見た
餃子のタレは、味噌だれである 変わり種か 値段も500円以下

その店で流れていたBGMは、どこかの放送局(ラジオ)で流れているとしか思えないようなとてつもなく古い曲ばっか

誰がリクエストしたのか、はたまたDJの趣味なのか、流れてきたのは布施明「これが青春だ」
布施博ではない 念のため

この次に流れてきた曲も途方もなく古い曲だったが、タイトルは失念してしまった
で、次の曲は何かな? と耳を澄ましていたが、時間柄テレビの「競馬中継」に切り替わっていた

店の客は私の他に男性の老人が一人
競馬中継を熱心に眺めていた

肝心の料理の味のことを書いておこう
ラーメンも、変わり種か?と思った餃子も、まったく私の舌の記憶には残らない
仮に、この町を再度訪問することがあっても、この店を選んで訪問することはないだろう

がっかりしたのか?
日ごろから何事にも期待しないで生きているので、がっかりとか失望なんかしないのだ 私は



(04:30)

2017年02月19日

K0000360089_0001先週の何曜日の昼休みだったか失念したが、平日のこと

いつも徘徊いや、散歩している公園の中にある小さなレストランの前に、小さな椅子が5,6脚用意されており、集合写真用だろう三脚付のカメラが用意されていた
まだ誰も着席していなかったが

平日にも関わらず、またこのレストランにて結婚披露の宴でも開かれるのだろう
この公園を徘徊いや、散歩し始めて一年ほどになるが、結婚披露の宴が開催されているのを見たのは、これで二回目 しかもいずれも平日だ

平日に結婚式または披露宴を催すのは、普通になってきたんだろうか

前回、偶然見かけた新郎新婦の新郎のほうに、どことなく影のようなものを感じ、「ははぁん この結婚式は前々から予定をしていたのではなく、突然決まったのだろう ひょっとして、できちゃった婚かも どうりで新郎がどことなく浮かない顔に見えるわけだ」
なんて一方的な妄想をしたものだ

今回は新郎新婦は見えなかったが、見えたとしたら私はどんな妄想を巡らせたのだろうか

(11:43)

2017年02月18日

gloverall-gn-01会社からの帰路の電車の中でのこと

私はロングシートの端っこに座ることができ、老眼鏡をかけて図書館で借りた本を読み始めた
江戸の刑罰 拷問大全

私は、痛いことが大嫌いで、拷問にかけられたら、瞬殺で自白する自信があるのだが、この手の残虐な内容の本を読むのが好き
昔は「世界拷問展」なんてオシャレなイベントにも出かけたことがある

閉所恐怖症な私は、別の拷問本でヨーロッパで実際にあった、閉所に囚人を押し込んで自白を強要させるという拷問の記述を読んで、気を失いそうになったりした 怖くて

さて、本日の話題は拷問からは逸れる 
まあ、ある意味拷問かも

私が乗車した次の駅あたりから、女性二人連れが乗車してきた
その駅から車内は混み出して、二人の女性は私の目の前に立って、話し始めた
ジロジロとその女性たちを見たわけではないが、私の座席横の手すりを握った女性の手を見ると、まあ若くて40歳代くらいか 二人とも

なぜ、その二人組が印象に残ったか

女性二人組の片割れは、そうでもなかったが、もう一人の女性の声がデカい
で、どうでもいいような内容の話をイヤというくらいの大声で喋っている

「私ねぇ 12時くらいに寝ても3時くらいに一度目が覚めるの それからまた寝ると、起きるのが遅くなるのよ
二度寝はダメねぇ
こんなどうでもいい内容の話を、周囲が凍り付くくらいの大声で喋り続ける

二度と目が覚めないようにして差し上げたかった

せっかく読書モードに入ろうとした私だったが、あまりにも私の頭上から容赦なく降り注ぐ、どうでもいい内容の話(しかも大声)に、すっかり読書意欲を削がれた
私が下車した後も、二人は相変わらずどうでもいい内容の話に夢中だった

あの〇〇って、メーカーのスキンクリーム いいわよ

私が乗った6両編成の電車の前から二両目、三番扉付近に立っていたオレンジ色のコートを着ていたあなた
(ダッフルコートではなかった)
あなたの話をしているんだ

どうせ人に聞こえるんだったら、もう少し面白い話をしてもらいたい(怒)



(04:30)

2017年02月17日

blog-DSC00902職場でのできごと

隣のグループの女性が、珍しく私に用があったようで、私に近づいてきて「〇〇さん(私の苗字)」と声をかけてきた

それ自体は何てことのない行為だが、問題は私に声をかける位置だ
そう、私は劇画の某アジア系の一流スナイパーの名前をあだ名にされるほど、自分の後ろに他人が立つのが嫌い
特に、気配を消して後ろにわざと立つような輩には、殺意を覚える

私に声をかけてきた女性は、過去二回私の背後から声をかけてきたことがあり、その都度私が虚を突かれて素っ頓狂な声をあげて驚いた 周囲が振り向くくらいの大声で反応して

その経験があったからだろう、今回は私のやや後ろから声をかけてくれるという配慮を見せてくれた

私は自席のパソコンに向かい集中していた訳ではないのだが、彼女が接近していることに気づかず、今回も素っ頓狂な声をあげて驚いてしまった

わっ
素っ頓狂に驚いた後に、私は彼女に「〇〇さん(彼女の苗字) これで三度目だよねぇ 私の背後から声をかけてはダメだよ」と笑いながら諭した

彼女も、またも私が過剰な驚き方をしたので困ってしまったようだ 小声でこう言った
「わかってはいたんで、斜め後ろから声をかけたつもりなんですが...
 今度はどの位置からお声がけすればいいですか?
消え入りそうな声である

私はこう言った
私の真横から声をかけて下さい 多分そうすれば私の視界に〇〇さんが入って来るはずだから
 それでも過剰に反応するようなら、私の責任ですから」

彼女からすれば、「職場に面倒くさい人がいるなぁ」という感じだろう
間違っても気配を消して私の背後に立たないことだ

世が世なら、お手討ちである(大げさ
仏の顔も三度までというではないか

次はないからそのつもりで(大げさ



(04:30)