2011年02月21日

Unknown
突然だけど、学生の頃の怠惰な生活を思い出した

私の大学は、当時1年生はほぼ全寮制だった
寮は個室だけど、部屋の形状は棺桶みたいに縦長 ベッドの幅のみで、奥に向かって長い

とにかくよく寝ていた
隣の部屋の奴と仲良くなったのはいいけど、彼はテレビを所有していなかった 私がテレビを購入したのは、大学一年の夏だった 自転車に積んで何キロか運んで、自室にセットしてスイッチを入れたところ、最初に飛び込んできたのが日航機の墜落現場の映像 御巣鷹山の事故だった

学部対抗のサッカーリーグがある春と秋の時期には、試合に間に合うように7時過ぎには起きて試合に行って、8時半過ぎに部屋に戻ってから二度寝 昼ごろ目が覚めて、食事をしに学食へ 食後はまた寮に戻り就寝
部活の始まる時間に再び起きて、グランドへ 練習後には、寮の食堂が営業を終了しているので、近くのコンビニへ行って、決まってメロンパンとドクターペッパーを買って寮で食べていた ほとんど毎日
メロンパンは腹持ちがいいから

夜十時過ぎになると、隣人氏が部屋にやってきて、テレビ観たり、再現できないような内容の話をしたり 深夜放送も毎日観てた 「逃亡者」の再放送をよく観ていた
火曜日だったか、ピーターバラカンの「ポッパーズMTV」観るのも好きだった んで、隣人氏が部屋に帰って、就寝するのが三時頃 
あとは繰り返し

酒なんて買う余裕がなかったな コンビニでバイトしていた隣人氏の差し入れで夜食も食べていた ジュースとかポテチとか

一年の夏休みに帰省したところ、やせ細った私の姿を見て、親は絶句していた

大学二年にあがるときに抽選に外れて寮は出ることになったけど、入居したアパートにも、相変わらず元隣人氏はよくやってきた
ちなみに、私も隣人氏も、まだ当分彼女なんてものはいなかった

授業料として親から振り込まれた金を、ワールドカップ観たさにビデオデッキ(ベータ!)の購入につぎ込んでしまった
元隣人氏もサッカーが好きなんで、サッカーのビデオ観たり、ポッパーズMTVを編集して作った音楽ビデオ観たりして、一年の時以上に怠惰な生活を送っていた

三年になって、真人間になったのかと言えば、相変わらずこんな生活は続く
さっきまで、またYouTubeを観ていて、あの怠惰な生活を懐かしく思い出した次第
この話は無駄に長く続くので、今日はここまで


(21:53)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字