2011年03月03日

4images
子供の頃はプラモデルをよく作った
最初に作ったのは、多分小学校1年か2年の頃だった サンダーバードの3号と5号だったと思う
その時は、素人にありがちな失敗を犯してしまった
すべての部品を最初に枝から取り外してしまった 設計図を見ても番号中心に記述してあるので、取り外した後の部品は、その番号がもうわからない 結局、未完だった 阿呆である

その後は、もっぱらタミヤの戦記シリーズばかり 駆逐艦、空母、巡洋艦、たまに航空機、戦車、ジープ、歩兵セット 昔から、現在の車なんかはプラモでも興味を示さなかった 
一番楽しかったのは、リモコンのロンメル戦車だったな 4年生の頃かな
ドイツ軍のものが多かった 子供ながらに恰好よかったから 
ドイツ軍には正式には「ロンメル」という戦車は存在しないと聞いたことがある ソビエト軍の「ジューコフ」もそうだと聞いた そうなんだろうか

プラモデルを作るのは好きだったが、私は昔から不器用
特に航空機なんか作ると、風防のあたりが接着剤の糸だらけになって、クモの巣みたいになってた
だから航空機は数が少ないんだ

6年生の頃、テレビで「ホロコースト」を観た ユダヤ人虐殺がテーマだった
見終わって、子供ながらにナチスドイツに対する憤怒の念が沸いてきた
家の庭に、プラモデルで作ったドイツ軍の歩兵はジープ、戦車砲なんかを並べて、それらに爆竹をつけて、一斉に破壊した
歩兵には、丁寧に線香で背や腹に穴を開け、プラスチックを熱して伸ばして作った棒状のものを矢に見立てて、線香で開けた穴に刺して、周囲を赤く血の色に着色したりして、一人シヴァ神になっていた

素晴らしく単純である

中学に上がるころには、部活なんかも忙しくなってきてプラモデルは作らなくなった
数年前、ふと懐かしくなって購入したプラモデルが一箱あるんだけど、買うことで満足してしまって、未だに作っていない イギリス陸軍の「ピンクパンサー」
いつになったら完成するのだろうか



(22:39)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字