2011年03月06日

Unknown

昨日韓国料理を食べに行ったら、一昨年ソウルを観光したときのことを思い出した
行ったのは盆明け ソウルも暑かった

通り過ぎる人たちはほとんど日本人と同じ 違うのは、町中に溢れる看板がハングルなことと、行き交う言葉が当然韓国語なこと
ソウルは、銀座みたいなところと、新宿、上野が近距離にごっちゃになっているような印象だった
日本語を話す人が多いのに驚いた
これは負けてはいられないと、帰国後韓国語のにわか勉強を始めたんだが、頓挫中

食べ物は何でもおいしかった 町中がキムチの匂いで溢れているなんてことを言う人がいたけど、そんなことはない 日頃キムチをよく食べるんで気付かなかっただけか

最も印象に残っているのが、東大門市場の屋台
目的もなく、ふらっと訪れただけの市場だったけど、屋台でおっさん達が楽しそうに酒を飲んでいた
行ったのは日曜日の夕方だったが、このおっさん達もひょっとすると明日から始まる長い一週間のことを瞬間でも忘れたいために飲んでいるのかな なんて思った
おかずも沢山あって、一体これは何だろうと思うものもあったが、とにかく皆が楽しそうに飲んだり食べたりしていたのが印象的だった 日本のおっさん達と一緒だなと思い、一気に親近感が湧いた
この時は、何も食べなかったけど、今度韓国に行くことがあれば屋台で、おっさん達と飲み食いしたいと思う

そんなに海外に行ったことがあるわけじゃないけど、屋台みたいなところで、人々が飲み食いしているのって
あまり見たことがなかった アジアだけなんだろうか

一体これは何だろうと思ったものの一つはスンデ 後から調べたらソーセージみたいなものだった
今度は、スンデをつまみにマッコリを飲んでみたいな 屋台で


(07:56)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字