2011年05月07日

Unknown
大学一年の時に寮生活をしていた時の隣人氏のことを前回書いた
洋楽の中でもラップが好きだった彼
当時流行っていたのは、RUNDMCのWALK THIS WAY 
エアロの元歌も格好いいけど、RUNDMCのカバーもよかったな 特にビデオクリップが笑えてよかった
隣人氏とよくビデオクリップを観たもんだ

RUNさんと言えば、スニーカーはアディダスのスーパースター 白地に黒の三本線ね
隣人氏もこれをいつも履いていたっけ

大学を卒業してから二十年近く経つけど、十年くらい前になるだろうか、テレビでMTVアウォードか何かをやってて、偶然それを観ていた
ラップ系のアーティストが多く、ラップにさほど関心のない私は、退屈しかけていた

当時は、RUNさんのメンバーの一人が亡くなったばかりのタイミングだったと思う
突然、壇上のアーティスト(誰だか失念)が、客席に向かってアジり出した
確か、RUNDMCを讃える内容だったと思う バックにはWALK THIS WAYが流れていた気がする
すると、客席の人々が、曲(多分WALK THIS WAY)のサビに合わせて右手を突き出した
右手の先にはアディダスのスーパースターが握られていた

明らかにヤラせだとは思ったけど、その時は泣いた テレビを観ていたのは深夜だったのか、一人だったんで
あの光景を隣人氏は観ていたんだろうか 観ていたら彼も泣いていたに違いない
今は年賀状のやり取りだけになってしまったけど、隣人氏元気かな

私が思う、白人アーティストによるラップ第一号は、BLONDIEの「RAPTURE」だと信じている
デボラハリー格好よかったなぁ
私の出身中学の三年生の時の運動会のダンスの曲は「CALL ME」だったよ




(18:18)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字