2016年08月22日

41470救いようのない結末の映画って、今まで観た中でたくさんある

どちらかと言えば、予定調和のハッピーエンドの映画よりも、救いようのない映画を好む傾向が私にはある

思い出したのは、アンジェイ・ワイダ監督の作品「地下水道
これは、確か映画館ではなくテレビの名画劇場で鑑賞したはず

私は閉所恐怖症の傾向があるので、こういった狭く暗い空間での映画(息が詰まる)は完全に苦手
潜水艦モノ映画も苦手なのだが、「いやぁぁぁっ」と悲鳴を上げながら(心の中で)、映画を観たりする

地下水道

第二次大戦の対ドイツのレジスタンス活動を描いた映画で、舞台は文字通り「地下水道」
当然暗いし、多分臭い
いつ水が満ちてくるかも知れないという恐怖感もあるだろう

たしか、出演者の中には精神に異常を来す役の人がいたはず

私は閉所が苦手なので、潜水艦乗りにはなれないだろう

艦隊勤務も、戦闘機、戦車登場も難しい
陸上では、アリが病的に嫌いなので、歩兵にもなれそうはない

仮に戦争が始まっても、何の役にも立ちませんよ 私は


(04:30)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字