2016年12月30日

1403912このク〇寒い時期に何を言っているんだ、とお思いの向きもあろう

昔いた職場のはなし
そうばってんとか、ゴリアテとかミシェルが同僚だった職場

隣席にいた先輩がいた
先輩だし、強面でもあったのであだ名はない

この御仁、なにか言うと最後にスカシ〇のように、オヤジギャグを勝ち誇ったようにかませてくる
しかもドヤ顔つき
これがまた、お約束のようにつまらない
よせばいいのに、ギャグ解説つきで

本人は「オヤジギャグではなく、これはソフィスティケイテッド何とかだ」だと常々言っていたのだが、余りにもつまらないので、内容は失念した

その職場には私は4年近くいたのだが、北国だったので夏場にクーラーのスイッチをいれたのは1回だけ
海水浴に行ったのもたった2回だけ
市内には小学校が9校くらいあったが、プールがあったのは1校だけだった

そんな地域でも暑いときは暑い
そんなときは「納涼ギャグ大会」でもやろうという話になって、「先輩 納涼ギャグ大会やりましょうよ」なんて誘うのだが、「なんで納涼なんだよ 〇〇〇(下らないので放送自粛)」とか何とか言って乗ってこない

暑さを、先輩の極北ギャグで凌ぎたいと思っていた同僚は多数いたはずだが
いや本当に体感温度が数度下がるほどつまらなかったんだから 
先輩のギャグは

仮に今の季節に先輩のギャグ大会をやったら、高い確率で凍死者が出るだろう 


(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2016年12月30日 08:37
おはようございます( ̄ー ̄)セフィスケイ%&#:、、(笑)(笑)夏場に貢献できるって素晴らしいです🎵

コメントする

名前
URL
 
  絵文字