2017年02月01日

img_0イルカ 「海岸通」の巻

久しぶりの音楽ネタ

昨日は、会社で午後休みをとって、ある場所で開催されている展示会に出かけた
当然、社外で一人で昼食をとった
休みをとっての昼食時には、私は必ずビールも注文することにしている
何か、他人が昼休み後には職場に戻るであろう昼食時にビールを平然と飲むという行為に、優越感を感じる

何てスケールが小さいのだ
私という人間は

注文したのは定食と瓶ビール(中瓶)だったが、さほど値段が違わなかった
飲食店は、飲料代で儲けるのだと聞いたことがある

まあいい

それから出かけた展示会
結論から言うと、驚く程クオリティが低かった
なのに、あの入場料とは

私の故郷修羅の国F岡県で、同じイベントを開催する勇気は私のようなチキンには皆無である
高い確率で、苦情が発生し、場合によっては暴動に発展するに違いない
で、イベントのクオリティに文句をつけているクセに、お土産コーナーでは4,000英世近く散財してしまった私

自宅に戻る前に途中下車して、痛飲してしまった(他人のセイにしている

あ、音楽ネタ

私が昼食をとった店で流れていた曲
イルカ 「海岸通」

私は日本のフォークソングは好きだが、「イルカ」のアルバムもシングル(古っ)も一枚も持っていない
でもこの「海岸通」は彼女の曲の中で一番好き
作詞作曲は彼女によるものではない

曲は、別れた彼氏が選んだ、別れの交通手段は、航空機でも列車でもクルマでも徒歩でもなく、船便だったというもの
あっと言う間に別れの瞬間が過ぎてしまうことがないのは、彼の思いやりだったのかもという、まぁ男性目線のラブソングではある

私は福岡で生まれて、次に引っ越した場所が「神戸
幼稚園時代しか神戸にはいなかったので、記憶が明瞭な部分とそうでない部分がある

今どき、交通手段に「船便」を選択する人は多いのだろうか
船の行き先が「神戸」であるとは全く限らないのだが、この曲を聴くと「神戸」を勝手に思い浮かべる

少し前に拙ブログにも書いたが、偶然捉えた遠隔地からのラジオ電波は、この神戸の放送局のことだ

何が主題なのかわからなくなった 以上だよっ


(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年02月01日 06:52
おはようございます!じいちゃんちにイルカさんの「フォローミー」がありました。( ̄▽ ̄)テレビで本人を1回だけ観た事がありますが・・年齢よりずっとお若い方ですね♪神戸はオシャレなイメージですね~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字