2017年03月02日

e63a49b597541a2b87fa54c8a05a213c改めて拙ブログを振り返ってみて気が付いた

自分の書いた文章ながら、ある投稿パターンがある

不条理な夢ネタ
黄金の夢ネタ
日常生活での黄金関連ネタ
疫病神ネタ
たまに音楽ネタ
もっとたまに映画ネタ
昔の思ひ出ネタ

今回も黄金関連ネタ
ちなみに黄金は出てこないので、小さなお子様にも安心してお読みいただけます

私という人間は、日常的に腹具合がユルいことは、繰り返しイヤというほど書いている
通勤中に、会社の最寄り駅を出て、会社まで歩いて向かうのだが、最寄り駅改札から徒歩一分のところにある公衆トイレを過ぎると、あとは会社まで約10分

途中に公衆トイレはない


あることはあるのだが、カギがかかっている
この約10分間続く、周囲にトイレのない道を「地獄道」と呼んでいることは何度もブログに書いた

で、改札を出てすぐのところにある公衆トイレには、個室が三室あるのだが、私の通勤時には満室な場合が多い
「あ、満室か 会社まで約10分間 我慢して歩くか
などと甘い判断をして、「地獄道」を歩き出すのだが、今まで何度煮え湯を飲んできたか

と、この「地獄道」から少し離れた地点に、公衆トイレはないものかと考えた 
あれば地獄道根絶である 
ノーベル賞候補である ノーベル何賞だろう?

早速、昨日の昼休みの徘徊いや、散歩時に、地獄道を少し離れたルートに公衆トイレがないものか探してみた

地獄道から少し離れるが、会社へ向かう途中に、24時間営業している施設がある
ちなみにコンビニの類ではない

その施設へ入り、公衆トイレを探してみた
あった

施設の入り口は恐らく24時間空いているのだと思う
公衆トイレは、地下の高級な飲食店街の一角にある

私が通勤する時間帯に、果たして地下へ向かう階段は閉鎖になっていないだろうか 飲食店街だし
階段は閉鎖になっていなくても、トイレが満室だったり、清掃中だったりしないだろうか

砂漠にオアシスを見つけた時のように、便意隊の急襲を受けた際に、公衆トイレを見つけたときは狂喜する
が、安心と喜びのあまりに、腸の出口弛緩してしまう傾向私にはある
これは仕方ない

一度弛緩してしまった腸の出口に、トイレはあったものの、満室とか清掃中の理由でトイレを使用することはできないという現実はなかなか理解してもらえない
施設にたどり着いたという安心で、地下に下りてトイレが使えないという現実に耐えられるか?

昨日の発見は喜ばしいものではあったが、また別の地獄道付近の公衆トイレを捜索してみよう
地下じゃないところで、満室かどうかわかりやすいトイレがいいな






(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年03月02日 06:57
おはようございます( ̄▽ ̄)・・ずっと苦しみは続きますね💦車渋滞用の簡易トイレ?は持ち運びできないものだろうかと。トイレ持参でどこで?という問題がありますが。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字