2017年03月13日

thH4DX8631先日、いつもより30分近く早く会社最寄り駅についた

普段通りの時間に出社すればいいので、小さな探検の旅に出ることにした
会社最寄り駅から会社まで続く、徒歩で約10分の道
その道沿いには、公衆トイレの類はない

腹が恒常的にユルい私は、その徒歩10分のに道を「地獄道」と名付けている
小さな探検というのは、例によって誇大表現であり、単に地獄道沿いではなく周辺に公衆トイレの存在有無を調査すること
「探検」のイメージがグッと小さくなった

先週だったか、「地獄道」を3分ほど逸れて歩いたところにある施設別館の地下に公衆トイレがあるのは発見している
私的にはノーベル賞に匹敵することではある

今回は、私の通勤時間にその地下の公衆トイレへ降りる階段が閉鎖となっていないかどうかを確認した
何せ、地下は「飲食店街」である
早い時間にはトイレも含めて開店していない可能性がある

建物の入り口に立ち、ガラス越しに地下へ続く希望の階段の方を覗いてみる
よく見えない
建物の入り口の自動ドアを通って、希望の階段の入り口を見た
閉鎖中
地獄への階段

やはり、飲食店が開店する時間までは、地下へ続く階段は閉鎖なのだ
脂汗をかきながら腹を押え、這う這うの体でその施設別館に辿り着いたはいいが、目に飛び込んできたのは「閉鎖中」の看板
その看板の前で繰り広げられるであろう大惨事

恐ろしい想像だ

が、ふと暗闇に一筋の光明が差してきた(またも大げさ
建物の一階の片隅にコンビニエンスストアがあった
 
すべてのコンビニがそうだとは言えないが、トイレが併設されている可能性がある
早速現地調査を行おうと思った瞬間、私の腸内レーダーが、「便意隊反乱の兆候」を知らせてきた

私は現地調査を断念
その施設本館のトイレまで五分程度歩いて、反乱を鎮圧した
施設本館のトイレまでは、地獄道から五分以上歩く必要がある
この本館トイレは、「緊急時避難場所」としては使えないだろう

朝っぱらからそんなどうでもいいことを考えながら、私はコートの襟を立てて会社へと歩き出した




(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by jmcmy   2017年03月13日 20:36
>アリスさま
おぉ 同志よ
トイレマップは、福音となり得ますね アプリにあってもおかしくないけど、私はガラケーユーザー(泣)
自宅の近辺や、通勤で使う駅や途中駅のトイレの場所は、頭に叩き込んでいます
これからも黄金色の文章書き続けますよっ
コメントありがとうございました
2. Posted by アリス   2017年03月13日 18:44
こんばんわ、アリスです。
ともちんさん、トイレマップの発想はなかなか面白いですね。
心霊スポットマップというのはみたことがあります。
ナビについているような気もしますが細かいマップをユーザーが投稿できるようにして・・・実用化されれば売れそうです。

jmcmyさん、ブログサークルへのコメントさんきゅーです。
トイレを探す旅というこれまた斬新な記事読ませていただきました。

実は僕も配達の仕事をしておりまして、僕も腹が恒常的にユルいので土地勘のないところに行くと、トイレ探しで困ってますから、配達しながら、公園、コンビニなどトイレも探している次第ですw
1. Posted by ともちん   2017年03月13日 06:42
おはようございます( ̄▽ ̄)・・・トイレへの道は険しく何とつらい(笑)トイレマップって必要ですね~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字