2017年03月18日

_SL500_AA300_学生時代のフランス語の授業で思い出した

これも、アゴの割れた、ト〇シェ監督そっくりのフランス人の先生の授業でのこと
気分転換ということでもないだろうが、授業で映画を観ることになった

黒いオルフェ
映画は全編フランス語
字幕はたしかあったのだが、英語だったかポルトガル語だったか
要するに字幕の意味がない 理解できないんだから

映画はストーリーがわからなかったものの、それなりに面白かった
実はよく覚えていないが

主人公オルフェには、ユリディスという名の恋人がいた
映画のラストは記憶ではどちらかのデッド・エンドだったと思うが

私は、この映画でユリディスが恋人オルフェの名を叫ぶ声
オッフェ オッフェ~」のモノマネと
オルフェが同じく恋人の名を呼ぶ声
ユリディ~ス」のモノマネをするのが好きだった

フランス語は「r」の発音が独特で、痰を切るために声を出すときのような発音をするんだと習った
実際にはうまく文であらわせないが、「ユヒィディ~ス」という感じか

日本広しと言えど、「黒いオルフェ」の主人公と恋人のモノマネをする人はそういないだろう

学生の時の男の友人が、なぜか私の「黒いオルフェ」のモノマネ、とくに「ユヒィディ~ス」と叫ぶのが好きで、いつもゲラゲラ笑ってくれた
私も調子に乗って、「オッフェ オッフェ~ ユヒィディ~ス」などと大声で叫びながら、状況のわからない学友たちを混乱させて喜んでいた

何か楽しかったんだろうか
楽しかったのです

自分が楽しければ
それでよし


(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年03月18日 06:59
おはようございます( ̄▽ ̄)(笑)モノマネ?を求めてくれてウケてくれる人がいれば頑張ってやるべきなのです!人を幸せにするなんて素晴らしい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字