2017年03月21日

uno隣町の商店街を一人で歩いていたときのこと

暖かい日で、花粉が多量に飛散していた

前から、黒っぽい上着の下に黒のTシャツを着た女性が歩いてきた
年の頃は四十代くらいか

女性の着ていた黒のTシャツには、ピンク色のカタカナのメッセージというか単語が鮮やかにプリントされていた
私は、その単語を目にして久々に仰天した 白昼堂々である

ベッドイン

私の頭の中で、あのお笑い二人組の歌がリフレインする
それって、おいらを誘ってるんじゃないの?

「私には妻も子もいるし....」「男子たる者、女性からのお誘いを断るとは何事か」
天使と悪魔が私の心の中で対決している

そもそも、その女性は、私の好みのタイプではなかったということは、最早どうでもいいだろう
ってか、誘われていないし

久々に昼間っからパンチの効いたメッセージTシャツを目にした
数年前、別の隣町を歩いていて、若い男性が着ていたTシャツに書かれていた単語「ボイン」以来の衝撃だ
カタカナである 「ボイン」である
おぉ 同志よっ」駆け寄ってハグしたかった

その女性がすれ違ったあとで、未練たらしそうに振り返ったりはしなかった
彼女とすれ違う人は、皆一様に仰天するのだろう
「ベッドイン」の前か後ろには別の単語が書かれていたのだろうか



(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2017年03月21日 19:49
>ともちんさま
黒にピンクのカタカナが書かれたTシャツを着ていたのは、恰幅のよい正真正銘の日本人のBBAでした
コメントありがとうございます
1. Posted by ともちん   2017年03月21日 06:30
おはようございます( ̄▽ ̄)(笑)英語のプリントで意味不明ってありますね。本人がわかって着てないのが気の毒です(笑)外人の日本語(漢字のプリント)Tシャツとかも同じですよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字