2017年04月07日

KoreanSeaweed昼食後に会社近くの公園を徘徊散歩したときのこと

公園の出口付近まで来て「今日は、ブログネタと呼べる収穫はなかったか」と思っていた時のこと

私の正面から、初老の男性がこちらへ向かい歩いてきた

男性はスーツやネクタイは着用していなかった

あっと言う間に、男性は私の横を通り過ぎて行ったのだが、私は「特ダネじゃねぇか」と嬉しくなった

男性の服装はまるで記憶にない
記憶にあるのは、男性の顏というか頭

帽子は被っていなかったが、かなり立派な髭をたくわえている
髭は結構長くて、見事な白髪

で、注目すべきは男性の頭

髭と同じで、もみあげ部分も白髪なのだが、頭頂部はどういうわけか、黒髪
白髪が混じっている訳でも何でもなく、黒髪 
一本の白髪もない
どう贔屓目に見ても、安い「部分カツラ」

頭に海苔でも乗せているのかと思った
頭頂部の黒髪と、サイド部と口ヒゲ、アゴヒゲの白髪のコントラストが見事だった

どういうつもりで、誰がどう見てもヅラにしか思えないモノを、頭に乗せて彼は歩いていたのか
ヅラは、頭に「乗っている」という表現がピッタリだった

次第に暖かくなってきた
こういった愉快な人たちが増えてくる
これからの徘徊散歩が楽しみである




(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年04月07日 06:19
おはようございます( ̄▽ ̄)(笑)見るからに不自然な頭を見たことはあります。ハゲならいっそ坊主頭にされてる人のほうがカッコいいかも(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字