2017年04月18日

suke8会社近くの公園に植えられている桜も、さすがに葉桜になってきた

自宅近くの公園では、葉桜になりつつあるが、会社近くの公園の桜よりはまだ花が残っている

先日、いつものように徘徊散歩していたところ、突然強い風が吹いてきて、桜の花びらが舞い散った
よく映画やテレビで過剰な演出をしているような、かなりの量の花びらが散っていた

舞い散る桜の花びらを見ていると、私はいつも思い出す曲がある
甲斐バンド「荒馬のように」

ある男性と女性の出会いと別れを淡々と歌った曲なのだが、出会いの場面で桜吹雪の描写が歌詞に出て来る
どこの桜の木なのか、詳しい描写がされている訳ではないが、私はある公園にある桜の木を思い浮かべる

実は、「ある公園」には私は行ったことがない
その公園に桜の木が植えられているのかどうかも知らない

テレビでしか見たことがない公園なんだが、きっと甲斐よしひろはこの公園を舞台に歌詞を書いたんだろうなと勝手に思っている



(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年04月18日 06:39
おはようございます( ̄▽ ̄)甲斐よしひろさんは知ってます。テレビで観た時アウトローな感じの福岡出身の人(笑)だと思いました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字