2017年04月21日

cb1c5e046c28a89b7ddd360c6c6aabb9先日、数百キロも離れたところから、知人が遊びに来たので、宴会となった

数百キロ離れた所とは、私が以前住んでいた町

知人と会うのは三年ぶりだったが、再会を殊の外喜んでくれて、いきなりハグされた

ちなみに知人は男性で、私よりも年上
昔の馬鹿話で盛り上がり、話題が尽きることはなかった

私は意を決して(大げさ)、あることを知人に聞いてみた
知人が現在も住んでいる町であり、私も以前住んでいた町に一軒の中華料理屋があった(今もある
結構客の入りがいい店だったが、そこの「焼きそば」を食べた職場の友人が、かなりのダメージを負ったことがあった

私も「焼きそば」を食べたことがあるが、味付けが全体に薄いクセに、化学調味料の味が際立っていた
ちなみに雑食性の私は、友人ほどのダメージは負わなかった

知人に聞きたかったのは、それほどの破壊的な味付けを誇る店が結構繁盛していることから、知人の住むその地域の人にとって、その味付けは「ソウルフード」的なものなのかということ

知人にはその店の名前を告げて、「あの店の焼きそばは、美味いと思うか?」と問うた
「ソウルフード」だったら、部外者の我々がとやかく言っても仕方ない

答えは意外だった
「あぁ あの店? あそこの焼きそばを好んで食べるのはどうかしているヤツだね」

もう十五年も抱いていた謎が氷解した
あの味は、あの地域の人のソウルフードでも何でもなかった 
ただ、どうしてあの店が繁盛していたのかは、今も謎


(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年04月22日 06:36
おはようございます( ̄▽ ̄)どうかしてるぜ!それですね~(笑)ナゾは無いのかも知れません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字