2017年05月16日

15928316私が大学生の頃にイギリスで「ニューロマンチック」と呼ばれるロックの一派があった

私はあまりロックのカテゴリ分けは好きではないし、「ニューロマンチック」系のアーティストにはこれっぽっちも興味はなかった

Dというバンドが所謂ニューロマンチックの代表的な存在だった
私は大学時代に、確か火曜日深夜に。ある音楽評論家が出演していた、音楽のプロモーションビデオを紹介する番組をよく観ていた
この番組によって、はじめて知ったアーティストはたくさんおり、CDを購入するときの参考にした
時代は、LPが市場からほとんど駆逐される直前だった

この音楽評論家はどちらかと言うとブルーズが好きだった
この番組でDのプロモーションビデオが紹介されたことがある
まずDのビデオが流れることはないと思っていた(音楽評論家の嗜好)ので、意外だった

ビデオは酷い内容だと思った
通常この番組ではビデオは最後まで流すのだが、この時は評論家がDのビデオを途中で再生するのを止めた
そして言い放った「イモですね

当時このDは女性を中心に人気が高かった
案の定、放送後この番組に山のような苦情が寄せられたらしいが、翌週の放送でこの評論家は「イモはイモですから」と一刀両断だった

前置きが無駄に長くなった

私はニューロマンチック一派には全く興味がなく、CDだって一枚も持っていない
唯一Kate(iPod)に収録されている曲がある

Spandau Ballet「Only When You Leave」
この曲は邦題が「ふたりの絆」 
なぜこの邦題なんだろう

この曲のプロモーションビデオで印象に残っているシーンがある
雨が降っている中で、赤い傘をさしているのを上から撮ったシーン
赤い傘はクルクルと回り出す 傘をさしている人は見えない

雨の中赤い傘がクルクルと回っているシーンが印象に残っており、この曲がKateに追加されたという次第

この曲がヒットした頃のSpandau Balletは、ニューロマ一派の中でDの後塵を拝しており(私見)、後に大ヒット曲が生まれるまでは、あまりパッとしていなかった(私見

大ヒット曲が出てからは、このバンドに全く興味はなくなったが



(04:30)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字