2017年05月28日

thO94YE6SH先日、会社の帰りに通勤経路にある飲食店に、誘蛾灯に飛び込む蛾のようにおびき寄せられ入店した 一人で

本来ならば酒を飲まない日なんだが、冷えたビールを二杯も飲んだ
暑かったので

飲食店は、インド料理の店

頼んだのはサフランライスのカレーだった
美味しかった

で、その翌日にも会社からの帰路にそのインド料理屋さんの前を通ったのだが、前日に私に料理を運んできてくれた人(インドの人か?)が偶然にも店の前に立っていて、私と目があった

するとその人は、軽く私に会釈をしてくれた
反射的に私も会釈を返した

私は、ヘンに記憶力のいいところがある
肝心なことは忘れることが多いのだが、どうでもいいような小ネタをいつまでも憶えていたりする
とくに、他人の名前はよく忘れるのだが、他人の顏はよく覚えている

私も、その店の人の顏は憶えていたのだが(名前は最初から知らない)、目があってまさか相手から会釈してもらうとは予想していなかった

その店の人が異常に記憶力がいいのだろうか
または、インドの人(多分)から見ても、私の顏というのは印象に残るのだろうか
いずれにせよ悪い気は残らないので、またいつか暑い日にそのインド料理屋に行ってみようか

なぜ暑い日
ビールが一杯200円台で提供されるのだ この店では



(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年05月28日 08:36
おはようございます( ̄▽ ̄)商売人のプロ意識?お客さんを覚えるみたいな感じでしょうか。愛想悪いとこより絶対いいですね~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字