2017年06月01日

th会社帰りの電車の中での光景

私は座席に座ることができたが、車内は結構混雑していて立っている人が多かった

運転手が軽くブレーキを踏んだ時なんかに、私の目の前に立っている若い女性が、目立って大きくよろけている
よろけて、隣に立っている人にぶつかって謝ってばかり
ちなみに、女性は吊革とか手すりに捉まってはいない

極度の潔癖症なんだろうか

最初は、ヘンな人だなぁと思って見ていたが、そのうち彼女は立ったまま眠り出した
相変わらず捉まるものなしに

余程疲れているのか、すぐに眠りに落ちるようで、そのたびに膝が崩れ、手すりの金属製の棒に頭をぶつけている
ゴーン」「ゴーン」と音が聞こえるほど激しくぶつかっており、振動が私にも伝わってくるほど

ぶつかるごとに彼女は目を覚まし、状況を把握して、周囲に謝るのだが、数秒後には眠りに落ちて手すりへの頭突きを繰り返している

茶髪でカールのかかった長髪 割と美形

周囲の人から、座っている私に「あんた、こんなに眠そうな人が立っているんだから席を譲りなさいよ」といつ注意されるかもと心配だった

でも正直この頭突き女(失礼)をもう少し見てもいたかった

やがて電車は終着駅に着いて(私にとっては帰宅途中駅)、頭突き女はホームに下りて歩き出した




(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年06月01日 18:40
こんばんは( ̄▽ ̄)・・その立ったまま寝れるって可能なんでしょうかね~意識がなくなるわけですよね(だから頭突き笑)出来ません(笑)すごい特技だなぁと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字