2017年06月03日

マーライオン私は酒の類が好き

好きなのは、酩酊していくあの感覚
酒に強いのかと問われれば、そんなことはないと答える 弱くはないと思うが

単に飲酒のピッチが速く、長尻を好まないだけ

今まで何度となく酩酊を繰り返してきたが、酔ったその場で嘔吐したことはほとんどない(ほとんどである

汚い話で恐縮ではある

「嘔吐」で思い出すのは、昔の職場の同僚 仮にM君としておこうか

もう5年以上も前
M君がたまたま私の職場近くに来たので、昔の職場の仲間数名でM君を迎撃した
M君から見れば、私を含めて当時の職場の先輩ばかり

たまたま、M君を叱責すべきネタがあったので、当時の先輩の一人がおだやかな口調ではあるが、M君への叱責を開始した
すると、言い逃れをする口実はもはやないと観念したのか、M君はコップ酒を自主的に一気飲みし始めた

もともと酒の強くないM君
言っておくが、先輩諸氏の誰も一気飲みをM君に命じたわけではない

案の定、M君の様子がおかしくなってきた
一次会がようやく終わったが、先輩諸氏は異変を感じて、早々に帰り出した
本当は私もそうしたかったのだが、M君と帰宅する方向がたまたま一緒だったのと、M君の様子がただ事ではないと感じたので、よせばいいのに二次会に連れて行った 二人で

二次会の席でテーブルに突っ伏したままのM君
会話も何もありゃしない

早々に会計を済ませ、最寄り駅までM君と一緒に向かい、途中駅まで同じ電車に乗った
おっかないので、スーパーのレジ袋を持って

いつもは混雑している電車も、M君のただならぬ雰囲気を察した人が席を譲ってくれた
呑気に一次会で帰った同僚からは、私の携帯に「噴きましたかのぅ?」などとメールが来る

「電車内で噴くなよ」と祈りつつ、電車は乗換駅に着いた

この乗り換え駅で別の電車に乗り換えればM君の住む寮に着く
私も、遠回りではあるが同乗するつもりではあった この時までは

フラフラするM君を抱きかかえるようにして、乗り換え駅の階段を下っていたとき
M君が噴いた

「立ちエクトプラズム」である
混雑はしていたが、みんな平然とM君を避けて歩いていく
私は思った 「マーライオン」みたいだ
本物のマーライオンを見たことはないのだが

私は電車に同乗してM君の住む寮に送っていく予定を放棄し、M君を乗り換え電車の改札まで送って、ビニール袋を差し出し別れた

次の日からM君のあだ名は「マー君(マーライオンのマー)」となった
名付けたのは私

あれから数年
こんどマー君が私の職場の同じフロアで勤務することとなった
いらっしゃいマー君
遠目から見せてねマーライオン




(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2017年06月03日 10:46
>ともちんさま
電車内でのエクトプラズム放出は免れたとホッとしたその時に、マーライオンが噴きました
ほとんど固形物の入っていない水っぽいエクトプラズムでしたが、地獄絵図には変わりありません
コメントありがとうございました
1. Posted by ともちん   2017年06月03日 07:27
おはようございます( ̄▽ ̄)地獄絵図のよう・・(笑)関わりたくないです。車内でなかったのが救い?ですね💦外で良かったです笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字