2017年06月06日

img58371232夢で見た話

残念ながら黄金ネタではない

どこかのアパートの部屋に私がいる
部屋にはもう一人いた
死んだ、母方のばあちゃん
全く違和感は感じなかった

時刻は平日の午前十時頃で、出社していなければならない時間
今日は熱があることにして、会社を休もうかなんて思っていた

と、玄関のチャイムが鳴った
玄関を開けると、昔の職場の上司が立っていた
私が会社を休もうとしているのを知っていたのか

上司は言った
これ 前に約束していたモノ あげるよ
モノとは、包丁
それも柄のところまでステンレス製

以前、包丁をもらう約束なんてした憶えはないのだが、私は「いいんですか? ありがとうございます」と受け取った

次の場面では、私は休暇を取ったはずの職場にいる
と、もっと昔の職場の当時の上司が、私を呼び寄せる

「あのさ 昨日、君がいないところで部長から話があったんだけど うちの部の業務計画がうまく行っていないのは、業務計画の練り方が悪いからじゃないかという話でね
私のいないところで、どういう話があったのか知らないが、どうやら暗に私のせいということらしい

確かに、別の職場ではあるが、職場の業務計画の基本構想の立案に携わったことがある
「あのぅ 私が悪いと言うことでしょうか 業務計画のどこの部分が問題なんでしょうか?」
と昔の上司に質問したが、具体的な問題点はわかっていないようだった

理不尽な夢だったが、起きてから気づいたのだが、アパートの部屋で受け取った包丁をチラつかせながら、質問をすればよかったのかも

昔の上司は、早口で何を言っているのかいつもよくわからない人だった
夢でもそうだった
って、まだご存命だったのか



(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年06月06日 06:53
おはようございます( ̄▽ ̄;)・・やはり病んだ感じの夢ですね💦隠れストレス?みたいな。夢で包丁とか出てきた事はないですね~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字