2017年06月09日

teiban4-00200もう15年以上も前のこと

私の隣席にいた人は、私とは違うグループの男性だった

この人は、毎朝出社してきると、まず必ず誰かに電話していた
相手が誰なのか私にはわからないのだが、毎日別の人のようだった

が、喋っている内容は毎日ほぼ一緒だった

昨晩はどうもすいませんでしたぁ

どうやら前の晩の飲み会での粗相を詫びているらしかった
毎晩毎晩よく金と体力が続くもんだ

ある日、不思議に思ってそのお詫びマンに尋ねてみた
粗相でもしたんですか?
お詫びマンの答えは少し予想とは違っていた

「僕は飲み会は好きだけど、そんなに酒は強くないんだよ いつも記憶がなくなる
ひょっとして記憶に残っていないだけで粗相をしている可能性が大きいんで、まず詫びるんだ とりあえず

律儀なのかどうなのかよくわからない
そう言えば、そのお詫びマンは、酔って町を歩いて帰り、家に着いて自分のカバンを見ると、買った記憶のない酒瓶が中から出て来ることがあると言っていた

粗相というか、盗癖があるのではないだろうか
恐るべし お詫びマン



(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年06月09日 07:32
おはようございます( ̄▽ ̄)・・体には確実に悪そう~(笑)交通事故の危険性もあります。盗みより命の問題かも・・・(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字