2017年06月17日

k13The Smiths「The Headmaster Ritual」の巻

一昨日の会社からの帰路に、Kateから流れてきた曲

思い出すのは大学二年か三年生の時の初夏
大学入学時に、両親からお祝いでステレオを貰った
が、CDプレーヤーは搭載されていなかった

大学入学後にLP駆逐の波が押し寄せ、あっと言う間に市場はCDの天下になった
で、私がCDが聴けるようになるのは社会人になってからだった

The SmithsのLP「Meat is Murder」は、当時まだあった貸しレコード屋(死語)で借りた
テープ(死語)に録音して、しょっちゅう聴いていた
それが季節的には初夏 

爽やかなメロディに乗って歌われるのは、悲惨な現実ばかり 
The Smithsはそういうバンド

私は音楽が好きな割にはCDプレイヤーを購入したのが遅かったりする
代わりにラジオを聴いて新曲をチェックしたり、テレビで音楽ビデオばかり流す番組を観たりしていた
それで、気に入ったアルバム(LP;死語)を貸しレコード屋に借りに行った

大学生ばかり暮らしている町の貸しレコード屋は、趣味人の大学生のニーズを満たすべく、変わったLPを多く置いていた

学生の頃よく聴いていた曲ばかり、Kate(iPod)に入っている



(04:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ともちん   2017年06月17日 12:49
こんにちは( ̄▽ ̄)じいちゃんちのステレオも粗大ゴミに出しました。部品にカビ?錆びついてるらしくて時代が終わった感じがします。昔はいい曲が多いですね~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字