2017年06月26日

20100729_1242650先日、ある飲食店で見かけた光景

私の座ったテーブルの隣のテーブルに、若い男性が一人で来店してきた
高級そうなカメラを手にしている
写真が好きなんだろう 私は写真には興味がない 
ただそれだけだが、何となく観察を続けた

私はメインの食事に入る前に、ビールで枝豆と川エビのから揚げで一杯
カメラマン氏は、酒に手を出すことがなくすぐにメインの食事を始めた
これも別にどうってことはない

で、食事が運ばれてきた
あまり他人が食事している風景をジロジロ見るのは失礼と思い、目を離した
音が聞こえてきた
運ばれてきた食事に箸をつける前に、男性はスマホでガシャガシャと、出された食事の写真を熱心に撮っている
さっさと食事をすればいいのにと私は思ったが、男性は写真を何かスマホで送信している素振りだった

送信が終わったようで、ようやく男性は食事を始めたが、片手にスマホをもって何やら確認している
自分のブログか何かに、食事の写真を送って、それを確認しているのか

聞いた話だが、どこかのラーメン店にて供されたラーメンの写真を、やはりガシャガシャとスマホで撮影して、ブログかなにかに写真をアップした人がいるようだ
それも結構な時間をかけて
一連の作業が終わって、その人(性別は不明)がようやくラーメンを食べたそうだ
長時間撮影行為をしていたせいか、麺がのびてしまっていたらしい

何と、その人は食べ物の評価サイトに、その店のラーメンのことを「麺がのびていて不味い」と投稿したらしい

私には食事の写真をブログにアップする趣味もないし、食べ物評価サイトに投稿したり、評価を参考にしたりすることもない
別に他人が何をしようが、わが身に火の粉が降りかかってこない限り知ったことではない と眠狂四朗のようなことを思っている

単に思うのは、出された食事は写真を撮ったりする前に、早く食べるべきだということ









(04:30)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字