2017年07月09日

kac13昔、社外の職場で働いていたことがあった

二年と少し

そこの職場では、毎日昼食後に、課長と課長代理に「囲碁」を教わっていた
課長と課長代理は囲碁のベテラン
私は、囲碁のルールさえ知らなかったが、いきなり実戦から始まった

「囲碁教室」は一年ほど続き、一度も私は勝ったことがなかった(当たり前か
課長代理は怒ったのを見たことがない人だったが、課長は一度怒り出すと手が付けられないほどだった
ただ、噴火が収まってしばらくすると、ケロッとしていた

そんな囲碁教室
その日は、課長と課長代理の対戦 私は見学
囲碁を指しながら二人が会話をしている

課長「この前のアレの件(仕事の話) どうなった?」
課長代理「あぁアレですか 順調に構想に着手していますよ」

課長は、爆笑した
本当は、課長代理が「アレの件」のことなんか微塵も憶えていないことは、お見通しなんだろうが、予想もしなかったような回答ぶりに怒る気もしなかったんだと思う

あれから何年も経つが、未だに「順調に構想に着手しています」というフレーズは使わせていただいている
はっきり言って、「進捗が見られない」と答えているのと等しいと思うのだが、好きなフレーズである
あと好きなフレーズは「本件、泥の舟に乗ったつもりで安心して下さい




(04:30)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字