2017年07月15日

baikin04先日会社帰りに、歩いていたときのこと

私は長袖シャツを着て(理由あり)、左手にカバンを持って空いた右手を振って歩いていた

まだ昼間だった この日は用があって午後休みを取ったのだ

天候は晴れで、長袖シャツを着ているせいもあり、私の腕を流れ落ちた汗が、右手の甲に滴り落ちていた
と、私の右腕の甲と何かがぶつかった

私は歩道の左側を歩いていたのだが、私の右後ろ方向から私を歩いて追い越そうとしていた若い女性の左腕の考がぶつかったらしい

私はぶつかった瞬間振り向いて謝ろうと思ったが、女性は手の甲の激突を気にする様子を見せずに私の右側を通り過ぎて言った
従って、私は女性の顔を見ていない(見ようが見まいが関係ない

私を追い越して行った女性はジーンズを穿いていた
私が後ろ姿を見ていると、女性は歩きながら私の汗ばんだ右手甲と激突した自分の左手の甲を凝視していた(1秒以下)

で、次の瞬間、私の汗が付着した(であろう)左手の甲を自分の穿いているジーンズで拭った
さも汚いモノに触ったので何とかしたいみたいに

おのれ 神聖な私の汗をジーンズで拭うとは何事かと一瞬だけ頭に来たが、冷静にあの女性が自分で、見知らぬオッサン(私はオッサン)の汗を唐突に浴びることになったとしたら、同じことをしただろう
ジーンズを穿いていなかったら、携帯しているかどうかわからないが、消毒用アルコールを散布したかも知れない

オッサンに限らず、他人の汗に触れたくないだろう 誰も






(04:30)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字