2017年08月08日

ft119この間の日曜日も、また近所の川沿いをジョギングした

私はジョギング時には、歩数計を携行している
走り出してすぐに感じたのだが、明らかに調子が悪い

何とか所定のコースを走り終えたのだが、ゴール付近のベンチに倒れ込みいつものように歩数計を確認した
歩数の数字を無理矢理日本語に当てはめると、「虚しさ」となる
いつもの数字に比べると1000歩ほど多い
やっぱり体調が悪いと感じたのは間違いなかったのか

終始暑さもあり、ペースが上がらないまま走っていたら、途中で、私の数少ない知人とすれ違った
知人の方が手をあげて挨拶してくれたので、気が付いた次第

だが、知人はオレンジのバンダナに、サングラス、極彩色っぽいTシャツ姿
あの人に違いないという確信はあるのだが、本当にあの人だったのか
知人は、大昔のテレビ特撮ヒーロー「愛の戦士」のようないで立ちだった(記憶が曖昧





(04:30)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字