2017年08月26日

cimg0774先日、通勤途中の電車で見かけた光景

私の斜め前に、通路を挟んで向き合う形で、中年の男性が座った
何かの試験の問題集らしいものを手にしている
男性はサラリーマン風で、半袖のシャツを着ていたが、左胸のポケットに目が釘付けになった

胸ポケットに、蛍光ペン(他のペンも含む)を何本か差している
暇な私は本数を数えてみた
実に九本もある

蛍光ペンは色んな色のモノがあり、カラフル

男性は、試験勉強のために蛍光ペンを用意しているのかと思っていたが、手にした参考書は電車の発車早々に、リュックにしまいこんだ
後は、睡眠に入った

ペンは使わんのかぃ

私の昔の職場にも胸のポケットに何本も蛍光ペンを差している人がいた
他の人からイジられると、その人は「いやぁ ペンで線引かないと憶えられなくって」と答えていた

その人のことを思い出した




(04:30)

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2017年08月26日 07:43
>いご6さま
男性を身なりで判断してはいけないとは思いますが
その男性は「何だよそれ」とでも言いたげに口を尖らせた仏頂面を終始浮かべており、絵描き的な雰囲気(どんな雰囲気?)は皆無でした
コメントありがとうございました
1. Posted by いごっそう612   2017年08月26日 07:17
9本も持ってたらけっこう邪魔になりそうですね(^_^;)
絵描きかもですよ~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字