2017年08月29日

1303911234夏休み最後の日曜日に、隣町へ一人出かけた

大きな公園を抜けて、まずは焼鳥屋で一献また飲んでいる

その後に、そう言えば最近しばらくレコード屋(CDショップ)に行っていないと思い、CDショップへ行った
私は音楽が好きだが、新譜には詳しくない 
今回目にとまって、購入に至ったCDも発売は私が生まれる前の洋楽盤

知らない人はいないだろう、4人組のスーパーバンドが解散して、メンバーだったギタリストがソロで出したCD
私は4人の中では、今回CDを購入したアーティストが一番好き
ちなみに故人

今回購入したCDは、2曲入り
いずれの曲も約20分ほどあり、噂では当時メジャーになりつつあったシンセサイザーをひたすらピコピコといじっているだけらしい

私は以前、ブログを通じて、4人組のスーパーバンドのファンだという人と、やりとりをしていたことがある
その人とは世代が同じで、同じ洋楽ファンだったので、話が弾んだ

話の中で、今回私が購入したCDのことに触れることになった
私の質問「このCDはあまりにも実験的というか、採算度外視としか思えないと聞きます このCDを聴くべきでしょうか?」
回答「止めることはしません ただし、それ相当の覚悟が必要なことは憶えておいてください」

という訳で、Kate(iPod)にてこのCDを聴くのは月曜日以降となる
感想は追って



(04:30)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字