2017年09月11日

th私のメガネが消息を絶ってから一週間が経過する

一向に姿を見せる気配はない
私は、心を鬼にして捜索を断念
行方不明になっているメガネを作ってもらったメガネ屋さんに、新しいメガネを作ってもらいに行った

10日後に新しいメガネはできるのだが、予想されるパターンとして、新しいメガネができるとひょっこりと行方を断っていたメガネが現れたりするものだ

私が行ったメガネ屋さんの作るメガネはデザインが少し変わっている
いつも身に着けるものではない(老眼鏡だから)ので、いいだろうと思っている
店員さんに聞くと、この店の作るメガネの愛好者でテレビに出る人は少なくないらしい

ちなみに店舗は私の住んでいる地域のみ
例えば、日曜夕方の落語家による番組の司会者とか姉妹を売りにしている女性二人組(化膿姉妹ではない) 毛色の変わったところでは、国語辞書の監修をしている国語学者(近所に住んでいる)
あまりメジャーな人はいないではないかという、失敬な指摘はこの際スルーする

だからどうしたという指摘もこの際スルー


(04:30)

この記事へのコメント

1. Posted by いごっそう612   2017年09月11日 20:10
新しい眼鏡に乗り換えた瞬間、昔の眼鏡が出てくるんでしょうね(笑)

昼ドラみたいな感じですね(* ´艸`)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字