2018年02月14日

ダウンロード昨夜見た夢のはなし

今はもう他人のものだが、私の実家は、もともとは母方の祖父母の家を改築して、一つの土地に二件家を建てたものだった
もう一件は、祖父母の家だった

夢では、祖父母の改築前の家の玄関付近に私はいた
玄関の外には、母方のおじさんやおばさん達がいて、さながら親戚大集合のようだった
で、誰が言い出したのでもなく、記念写真を撮ろうということになった

で、画面が急に変った
死んだ祖父母がカメラを持って、親戚一同の写真を撮ろうとしている
場所は、祖父母の家の玄関だったはずが、体育館のような倉庫の中になっている
我ら一族の他にも記念写真を撮ろうとする人が大勢いる

爺ちゃん婆ちゃんが死んだはずだということは、夢の中では思わなかった
というか、カメラのシャッターは、爺ちゃん婆ちゃんでなくて誰か他の人が切るべきではないのか

爺ちゃん婆ちゃんのどちらかが夢に出てくることはこれまでもあったが、両方揃って出てきたのは珍しい 記憶にもない
何かいい知らせなんだろうか?

(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字