2019年04月06日

ダウンロード昨夜見た夢のはなし

私の子供が通っていた小学校が舞台
ちなみに現在小学校に通っている子供は私にはいない
設定は授業参観の日で、子供が通っていないにも関わらず私は、校舎内をうろうろしていた
小学校のセキュリティに問題があるように思う

と、そこで私と同じく校舎内を徘徊していた男性三人組に目がとまった
三人組のうちの一人は、私が入社した事業所にいた先輩だった
当時席を並べていたので、見間違うわけがない

が、先輩のいた事業所は小学校のある地域からは随分離れているはず
先輩に小学生の子供はいないはず
と色々腑に落ちない点はあったが、夢なんで仕方ない

声をかけると、その男性はやはり先輩だった
なんでお前がここにいるんだといった怪訝そうな顔をしていたが、小学校の事を喋り始めた
「いやぁ 俺が通っていた頃は一学年五クラスはあったよ 今は子供の数が少ないねぇ ま、ウチの会社の業績が持ち直せば、子供も増えるだろうな」

先輩はこの小学校の卒業生だったのか
そんな訳ないだろう
先輩の会社の業績と子供の数が増えるという関係に関しては意味不明
夢なんで仕方ない

しかし先輩お久しぶりでした
お元気そうで何よりです




(07:28)

コメントする

名前
 
  絵文字