2020年01月04日

無題私は毎年十二月になると、翌年の手帳を買っていた

所謂システム手帳ではない
が、今年はまだ手帳を買っていなかった
私という人間が暇人だからなのか、私は手帳を持つのは好きだがあまり使っていない
たまに手帳を開いても、あまりの手帳の白さ(スケジュールが埋まっていない)にうっとりする
私の書いた象形文字のような判読困難な字で、何やら数字のようなものが書いてあることがあるが、これは退社時刻
どうかすると、書いた本人さえ何て書いてあるのかわからない

どうせ手帳を買ってもあまり使わないだろうと思い購入していなかったが、近くにある百円均一の店で、薄い黒の手帳を買った
毎年購入している手帳に比べて随分薄い

手帳にあまりスケジュールを記入したりメモがわりに使ったりしないが、私が携帯電話のメモ帳機能やスケジューラー機能を華麗に使いこなしていると思う方がいるかも知れない
私のガラケーも手帳と同じく綺麗なものである(あまり使いこなしていない)

ただ持っているだけの私の手帳
来年の今ごろはきっと、かなり綺麗な状態で来年版の手帳と交替するのだろう


(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字