2020年01月21日

無題私が昔勤務していた職場でのこと

私がいたグループ
では、早朝(始業前)に出勤することが多かった
職場全体は施錠管理されていたので、私のいたグループのメンバーは職場の施錠と解除用にカードを持っていた
早朝出勤(極端に早い時間ではなかった)は多かったというかいつもだったが、退社時刻は他のグループより遅くなることはあまりなかった

ある日、珍しく私が職場の最終退出者になったので、玄関の施錠用ボックスに施錠用カードを通そうとしたが、ボックスに何やら貼り紙がしてある
「奥の会議室で中国語講座実施中にて、施錠はしないで下さい」と
なるほど業後に中国語の勉強中とは感心感心 体を壊さない程度に頑張ってね

って関心している場合ではない
中国語講座の会場で飛び交っている単語は「立直」とか「自摸」とか
これって中国で普通に使われている単語なんだろうか
何のことはない 奥の事務所で麻雀をしているだけ

その職場の大半のメンバーが単身赴任だった
中国語会話能力はさぞかし上達したんだろう(イヤみ)


(04:30)

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2020年01月21日 15:07
>ipadさま
中国語でもイー・リャン・サン・スーって数えるんですかね
コメントありがとうございます
1. Posted by iPAD   2020年01月21日 06:27
数字だけは9まで覚えられるのでは?
子供達をこの世界に引き込むゲームもありましたね。
年取ってボケ防止には良いとか?

コメントする

名前
 
  絵文字