2020年02月24日

無題久々に見た夢の話

実際には毎晩夢は見ているんだろうが、目覚めてからも内容を憶えていないだけかも知れない
夢に出てきたのは、高校時代の男の友人
予備校を卒業して以来だから30年以上会っていない
確か地元の大学に行ったはずだが、元気だろうか

この男(仮にMと呼ぶ)は、端正な顔立ちをしているが、中身はどこに出しても恥ずかしい変態
高校三年の時は、Mは私の隣の隣のクラスにいた
二人は、地元ラジオ局の若者向け番組に、高校名とお互いのクラス名と出席番号、名前を自らのペンネームにして、放送コードギリギリセーフのハガキを投稿しあっていた

Mと結構仲がよかった私にも変態の素養があるのかも知れないが、仮に私が変態5級だとすれば、Mは間違いなく有段者 あるいは師範かも
って、誰が変態の格付けをするのか

で、私の夢に現れたM
年齢は私と同じだが、見た目は30歳代に見えた
「おぉ 何しよん? 元気ね?」なんて普通の会話をしていたら、急にMがしゃがみこんだ
なにやら気分が悪いようで、しきりにオエオエとしている


そのうち、Mの口から黒い物体が出てきた
光沢はないが、ゼリー状の物体 ウ〇コのような異臭がする
黒い物体は長さ30センチくらいで、Mのそばに横たわっている

私は一部始終を見ていたが、黒い物体が出てきたのは見ていないフリをした
Mは「あぁ 気分ようなったわ」と話していたが、Mの口からは明らかな異臭が漂っていた
夢は唐突にここで終わる

何かMは私に伝えたかったのだろうか
Mはあれからも進化を続けており、ついに口から謎の物体を出すという最終奥義(何の)を会得し、それを私に告げたかったのか

M恐るべし


(04:30)

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2020年02月25日 10:52
>杏子さま
いろんな人に、ここまで育てていただきました(遠い目)
変態初段を目指し、日々精進いたします
コメントありがとうございました
1. Posted by 杏子   2020年02月25日 02:17
jmcmyさんの変態性はそのお友達によって育まれたのですね。
有り難いことですね。

コメントする

名前
 
  絵文字