2020年03月16日

無題もう15年程前の話

私は、当時の職場の同僚と、別会社の知り合いとでキャンプに出かけた
お父さんが3人、子供(小学生とそれ未満)が7人
キャンプと言っても、テントを張って宿泊する本格的なものではなく、野外(キャンプ場)で調理をする日帰りのもの

別会社の知り合いは、「キャンプ調理奉行」のような存在
とにかく形から入るタイプの人で、珍しい調理用具を持ってきて、得意気に料理をする
格好はいつもテンガロンハット(キャンプの時はいつもそう)
私と職場の同僚は、この奉行の共通の知人だったが、野外調理の時はいつもこの奉行が一人で何でもやってくれるので、楽だった

キャンプは、4月ぐらいだったか
奉行からメールが届き「俺が食材調達するけど、メインは山菜の天ぷらでいい?」と相談された
好き嫌いの確認だったが、問題なしですと返答した

いざキャンプが始まったところ、用意されていたのは夥しい量の山菜
「どうしたんですか?この山菜」と奉行(先輩)に尋ねると、奉行の勤務していた会社の裏山へ行って、クマに出会わないように注意して採集してきたらしい
ちなみに、業務時間中である

業務時間中に山菜を採っていてクマに遭遇して襲われてケガをしたとしたら、労災は適用となるんだろうか(ケガで済むか?)
あの奉行のこと、絶対に労災を認めさせそうだ

絶好の野外調理日和の中 山菜天ぷら三昧が始まった
タラの芽とか、ワラビやゼンマイ、コシアブラなど
山菜天ぷら三昧と言うのか、山菜地獄なのか

コシアブラの天ぷらなんか、本当においしかった

この奉行
もう10年以上お会いしていないが、お元気だろうか
毎年山菜の時期になると思い出す



(04:30)

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2020年03月16日 06:40
>iPadさま
キャンプの時期が秋だったら、キノコ地獄だったでしょう
知らない間に、マタンゴが潜んでいたりして 怖っ
コメントありがとうございます
1. Posted by iPAD   2020年03月16日 06:28
キノコは無くて良かったですね。

コメントする

名前
 
  絵文字